FC2ブログ

記事一覧

相場が荒れたとき、どうしているのか

個人的な感想として、
現在の日本の株式および、米国の株式に関して
「値動きは落ち着いているよね。」
と思っています。

ここ2~3カ月のヒストリカルボラティリティを見ても、
安定して低い値を示しています。
と言っても、日経平均の方がNYダウに比べるとボラティリティが高い状態が続いています。

この事実は、市場規模が小さくかつ値動きの軽い日本の株式市場において大半を占める
海外の投資家にとっては、大変有難いことですね。
何しろ、海外の機関投資家は、値動きがないと、利益の機会もないでしょうから。

さて
積み立て投資を始めたとたんに荒れ相場--どうすべきか
この記事で

日経平均の乱高下が続いている。筆者は、日本株は割安で魅力的な投資対象と考えている。日経平均インデックスファンドに投資していけば、中長期で資産形成に貢献すると思う。


と書かれていて、
確かに、相場が荒れようがどうしようが
積み立て投資を続けて行くことは、資産形成に大きく貢献するよね。
と共感するのです。

一方で、「日経平均の乱高下が続いている」
と言う部分が良くわからなくて。

冒頭で書いたように
私の実感としては
貿易摩擦が叫ばれていながら、最近は、平均株価の値動きが落ち着いているように感じます。
こんな時は、積み立て投資していても、積み立て投資していることを忘れるぐらいです。
私個人は、ブログで株のことも書くので
積み立て投資の運用成績を確認するけど
もし、ブログ書いていなければ、
運用成績を見ることはほとんど無いんじゃないかと思うような状況です。

でも、もしも
今、株価の乱高下が起こっていたのだとしたら、
ブログを書いているいないにかかわらず
運用成績、気になって、確認していたのじゃないかと思います。

たとえば、最近だと、今年の2月のころは、株価が大きく動きました。
あのころはヒストリカルボラティリティも、極めて高い時がありまして
まさに、乱高下した時と言えるでしょう。

では、あの時
私、どうしていたのでしょう。

2月の、大きく下落した時は、
私は、何度かに分けて、繰り返しインデックスファンドを買っていました。
このことはブログにも書きました。
余りほめられたことじゃないんですけど
タイミング投資をしていたんですね。

結局、今思えば、
2月の乱高下も大したことは無くて
その後落ち着いてしまいました。
リーマンショックのように、1年以上かけて半額以下に落ちる
なんてことはありませんでした。

そうは言っても、この先で
再度、大きく下がる可能性はあるので
そうしたらまた、積み立て投資以外に
繰り返し買うことになるのでしょう。

結局
私にとっては、相場が荒れようがどうしようが
ただ買い続け、持ち続けるだけなのですね。

それじゃあ、使う時はどうするの?売らないの?
という話になるのですが
現時点では、基本的には使う予定はありません。
そうなると売る予定もありません。

何しろ、人生100年時代ですから
そうなると、私、まだ40年は生きなければなりません。
この40年とは、
1950年ごろが平均寿命60歳ぐらいですから。
その当時の成人以後の社会人人生と同じぐらいです。
そんなに長い余生ですから
今から、使う予定を決める必要なんて無いと思います。

買うことを楽しみに、まだまだ生きて行こうと思います。





にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ
にほんブログ村









関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

いろいろでセカンドライフ

Author:いろいろでセカンドライフ
FC2ブログへようこそ!