FC2ブログ

記事一覧

私は不動産投資、したことが無かった

不動産現物投資、ほとんどの皆さんがしてますよね
多くの場合はマイホームと言う形で。
そのためか、アセットの比率が不動産に偏る家計が多いように感じます。

何しろ2017年度の2人以上世帯の家計調査データを見ると持ち家比率が86.2%です。
世帯主の平均年齢49.3歳の勤労者世帯で80.0%
世帯主の平均年齢73.7歳の無職世帯ではなんと93.3%
の持ち家比率となります。

やはり、ほとんどの皆さんが不動産現物投資しているんですね。
自分で買ったわけじゃない、自分で建てたわけじゃない
などの方々もたくさんいらっしゃるとは思います
それでも、不動産を所有していますから、不動産への投資をしていることになります。

さて、私なんですけどアラ60になっても、いまだに不動産投資したことありませんでした。
10年以上前の、現役で働いていたころは、不動産現物投資にも興味が有りました。
それが最近は、不動産投資に対する興味が失せてしまっているのです。
家を持ちたいと言う欲求が持てなくなっている、と言うのもあるんですけど
一番の理由は、不動産がめんどくさく感じてイヤ、だからなんです。

めんどくさくないですが
「不動産」。

「持ち家」か「賃貸」かで、必ず言及される、
住宅ローンや資産価値、固定資産税、などの金銭的な側面を除外して考えてみます。
それ以外の面で
維持管理が必要で補修はしなけりゃいけない(維持管理しないで自然に任せても良いけど)。
マイホームだと気に入らなくてもすぐに引っ越しはできない(マイホーム放置で引越しても良いけど)。
自治会に参加して活動しなきゃならない(参加しなくても良いけど)。
一戸建てだと、近所付き合いや清掃が必要(一戸建て賃貸でも必要なことあるけど)。
場合によってはゴミ出しもしなきゃならない(やらずにゴミ屋敷化させても良いけど)。
賃貸しているなら、空室問題やクレーム等、不意に発生するさまざまな問題や苦情に対応する必要がある(対応しないでも良いけど)。
こんなこと考えるだけで、所有したく無くなる。
特に、若い時よりも、さらにイヤだと思うようになってきている。

家を持つ満足感や、ステータス、
などの有形無形のメリットがあることは理解しているつもりです。
御近所付き合いや自治会活動も、社会参加として重要なことだともわかっています。

加えて、先ほどは省いて考えましたが
資産としての側面があることも分かっています。
何しろ資産と考えても、都会の至便で人気な限定された地区の不動産なら、供給量が限られますから将来も資産価値が大きいでしょうから、不動産のデメリット考えても、メリットが上回りそうです。
さらに、賃貸としても有効なキャッシュフローを生み出してくれそうです。
一方で、不便・不人気・治安が悪い・うるさいなどのところでは負動産になって
タダでも引き取り手がいない、なんてことにもなりそうですけど。

そんな私の考えとは裏腹に
今年になって、生まれて初めて、固定資産税の支払いをしました。
とうとう、私は不動産投資なんてしたことが無い!
とは言えなくなってきたのかもしれません。




にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

いろいろでセカンドライフ

Author:いろいろでセカンドライフ
FC2ブログへようこそ!