FC2ブログ

記事一覧

扶養控除の条件、知らない間に変わっていた

お恥ずかしい話ですけど
私「扶養控除」に関して
大変な勘違いをしていました。

控除対象となる扶養親族は以下のような条件があります
配偶者以外の親族
納税者と生計を一にしている
年間の合計所得金額が38万円以下
(給与のみの場合は給与収入が103万円以下)
その年12月31日現在の年齢が16歳以上
(他にもいくつか条件がありますが省きます)


そして、その控除額は
16~18歳 38万円(住民税33万円)
19~22歳 63万円(45万円)
23~69歳 38万円(33万円)
同居している70歳以上48万円(38万円)
同居していない70歳以上 58万円(45万円)
()内は住民税の控除額
となっています。

私、この16歳以上、と言うのを知らなかったのです。

昔は、16歳未満でも扶養控除があったと思ったのですが?
で、調べたら
扶養控除の見直しについて(22年度改正)に書いてありました。

「所得控除から手当へ」等の観点から、子ども手当の創設とあいまって、年少扶養親族(~15歳)に対する扶養控除(38万円)を廃止する。
高校の実質無償化に伴い、16~18歳までの特定扶養親族に対する扶養控除の上乗せ部分(25万円)を廃止する。

※ 所得税は平成23年分から、住民税は平成24年度分から適用。



子供手当創設に伴い
平成23年から、16歳未満の年少扶養控除は廃止となり、
16~18歳までの扶養控除の上乗せ部分も廃止されていたんですね。

扶養控除見直しの行われた当時は、東日本大震災のころ、さらに私の子供たちは16歳過ぎていたと思うから
気がつかなかったのかもしれません。

気をつけてて見ていたはずなのに、基本が抜けている、
私と言うのは、こんな感じです。
いや、ほんと、情けない。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

いろいろでセカンドライフ

Author:いろいろでセカンドライフ
FC2ブログへようこそ!