FC2ブログ

記事一覧

「チャンスと思ったときの思い切った投資」って、やって良いの?

巷では、
「チャンスと思ったときの思い切った投資」が大事だ
とよく言われます。

人生の節目節目で、自分の現状と将来を見据えて、
適切な投資をしてくことは、とっても大事なことだと、個人的には思います。

私も、昔は、
「チャンスと思ったときの思い切った投資」
をしたことが何回かあります。

結果は、自分の人生が満足のいくものになっているから
それでよかったと思うんだけど、
自分がチャンスと思ったときって
後から考えると、大体が勘違いだったよね
と思うことが多かったようにも感じます。

思い返せば、過去の思い切った投資で成功したと思えるのは
大学進学と結婚ぐらいでしょうか。

大学進学は、青春(ほぼ死語ですね)とい言う時期の時間と費用を賭けた思い切った投資ですし
結婚は、自分の残り人生の時間と費用および権利(結婚すると個人の権利がたくさん侵害されるんですよね)の思い切った投資と考えましたから
「チャンスと思ったときの思い切った投資」
の中の一つと言えるでしょう。

それ以外は、自分がチャンスと思ったことは
ほぼ、自分の勝手な思い込みだったのじゃないでしょうか。

そんな「思い切った投資」にも関わる記事です。


お金をATMから少しずつ下ろす人が貧乏な理由
この記事によると

お金がなくなるたびに、「しばらく必要そうな金額だけをおろせばいい」と考えるとしたら、お金が消えやすい人の可能性があります。お金をちょこちょこおろす人には、以下の行動特性があるからです。

•手元にたくさんあると、つい使ってしまう。
•財布を落とす、盗まれるなど、紛失を怖がる。
•日常的に少額のやりとりしかしない。



このような人は
合理性よりも「ほしい」と言う感情で行動し
「自己投資」や「人をもてなす」という発想に乏しく
肝心な時に「思い切った投資」ができない

結果、「貧乏」になるのだそうです。

なんとも、耳の痛いお話です。

私、家計支出のためにATMを利用するのは一カ月に一回です。
これが、一般的な方々より多いのか少ないのかわかりません。

ただ、消費行動においては
私、この記事の中で、おカネをちょこちょこおろして「貧乏」になる、と言われる方々の消費行動に極めて似ています。
何しろ
物を買う時には、合理的であると同時に、「ほしい」と言う感情も大切にしています。
「自己投資」などと言うものは、やりたいことに金を使うための言い訳である、と考えています。
肝心な時に思い切った投資は、ほとんどが思い込みとか思い違いであると思っています。

なるほど
だから私、金持ちになれないのですね。

良くわかりました。

ただね
私のような凡人が自己資産を作るための貯蓄投資においては
「チャンスと思ったときの思い切った投資」
と言うのは、避けたほうが良いと思っています。

何しろ
「今が底値だ」
とか
「テンバガーはこれだ」
なんてことは、
私にはとてもわかりませんから。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

いろいろでセカンドライフ

Author:いろいろでセカンドライフ
FC2ブログへようこそ!