FC2ブログ

記事一覧

日銀のETFについて 1

最近、日銀の出口戦略について、さまざまなことが書かれています。
たとえば
日銀の「株式投資」 今こそ出口の議論を
焦点:日銀ETF購入の「出口」、市場が描く5つのシナリオ
日銀の出口戦略に関する考察-ETFの含み益で日本国民の資産形成を
この辺りは結構、面白いこと書いています。
あるいは、こんな感じで、センセーショナルに書いている場合もあります。
日銀「出口戦略」に立ちはだかる「18兆円爆弾」の処理方法
この記事はデータもほとんど無いので、記者ご本人の感想を書いた感じなのでしょうか。

いろいろ読んで、
私自身、実際の日銀のETF買い入れの現状に関して、何も知らないことを実感しまして
少し調べてみました。

現在、日銀は
皆さんご存じのとおり、
国債買い入れによる金利誘導と、リスクプレミアム引き下げを目的としたETF購入の二つを、
金融政策の柱である、金融緩和を目的とした、買いオペレーションにおける
主要な手段の両輪として、実施しています。

ETF購入額の推移に関しては
年間購入額を
2014年4月に1兆円、
14年10月に3兆円、
15年12月に3.3兆円、
17年7月に6兆円、
と増額してきています。

また、日銀が、ETF買いいれを行う日は
TOPIX(東証株価指数)の前場の終値が、
前日の終値からある程度下落した日になるようです。
この買い出動は、リスクプレミアム引き下げ、の目的から考えると、
納得できるのでしょう。

このような一般的な事実を基に
さらにETF買い入れに関して、データを示してみたいと思います。
日銀の
第133回事業年度(平成29年度)上半期財務諸表等についてを見ると
指数連動型上場投資信託(所謂ETFですね)の平成29年9月末の価額は16兆747億円、時価が20兆3475億円です。

その後、
平成29年10月から平成30年3月末までに、日銀が新たに買いいれたETFは
日銀の
オペレーション(日次公表分)を見ると
設備投資および人材投資に積極的に取り組んでいる企業を支援するためのETFに関しては、1472億円
それ以外のETF(一般的な東証株価指数、日経平均株価またはJPX日経インデックスに連動するETF)に関しては3兆1166億円
を買いいれています。
これにより
平成30年3月末の価額は
16兆747億円+3兆1166億円+1472億円=19兆3363億円
となっていると思われます。

また、ETFの買い入れにおける評価損益は
平成29年9月末段階で4兆2710億円の評価益です。

平成29年9月末の日経平均の終値が20356円であったことから考えると
平成29年9月末の買い入れたETFの買い入れ平均額は、
日経平均換算でおおよそ16083円となります。

平成29年10月から平成30年3月末までに買い入れたETFは
日経平均が22000円前後で買いいれています。
また、ETFの買い入れ価格については、
日銀の
指数連動型上場投資信託受益権等買入等基本要領によると
当日の「売買高加重平均価格(VWAP)または当該価格を目途として受託者が取引する価格」
で買いいれるとしています。

残念ながら、私には、日銀の買いいれたETFが東証株価指数、日経平均株価、JPX日経インデックスのどのインデックスにしたがったETFをどれほどの数量買いいれたのか不明であること、また、買いいれた当日のそれぞれの指数連動型上場投信の
買いいれ当日のVWAP値が、わからないために、平成29年10月から平成30年3月末までの、買いいれたETFの買い入れ平均額の算出ができませんでした。

そのため、
極めて乱暴に、買いいれた当日の日経平均の終値で全額買いいれた、と仮定してみます。
これにより、平成29年10月から平成30年3月末までに買い入れたETFの平均の日経平均額は
22237円
となります。

平成29年10月から平成30年3月末のまでの
インデックス連動ETFの買い入れ総額が3兆1166億円、買い入れ平均の日経平均が22237円

4月23日の日経平均が22088円ですから、23日時点でのETFの時価は3兆951億円
200億円程度評価損が出ていますが、ほとんど買い入れ額と同じですね。

平成29年9月末までのETFの買い入れ平均額は、日経平均換算でおおよそ16083円、価額は16兆747億円。
平成29年10月から平成30年3月末までのETFの買い入れ平均額は、日経平均換算で22237円、価額は3兆1166億円
ここから、平成30年3月末の時点でに買い入れたETFの買い入れ平均額は、日経平均換算で約16800円、価額は19兆3363億円(設備投資および人材投資に積極的に取り組んでいる企業を支援するためのETFの購入価額1472億円も含める)。


と言うことで、
現在の、日銀が保有するETFの時価総額は
おおよそ23兆6000億円
評価益が4兆2500億円程度
ETF買い入れ平均額は、日経平均換算で16800円ぐらい(平成29年10月から平成30年3月末までの設備投資および人材投資に積極的に取り組んでいる企業を支援するためのETFを含めた価格補正はしていません)

これでやっと、2018年3月末時点での日銀のETF保有状況に関して(2018年4月以降は除く)ある程度のデータが出ました。

自分で確かめるのって、大事ですね。

長くなったので、今回はここまでとします。



にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

いろいろでセカンドライフ

Author:いろいろでセカンドライフ
FC2ブログへようこそ!