FC2ブログ

記事一覧

公募投資信託は11カ月連続の資金増加

一般社団法人 投資信託協会から
2018年3月末の統計データが公表されました。

これによると
公募投資信託は2017年4月から11カ月連続の資金増加です。
ETFを除く、公募株式投資信託も2017年10月から5ヶ月連続で資金増加が続いています。

資金増減額とは、資金増減額=設定額-解約額-償還額、のことです。
資金増加であれば、新たな資金が流入している、と言うことになりますね。

公募投資信託の資金増加額は、2016年9月以来の高い伸びを示しています。
2016年9月の資金増加額は1兆7185億円
2018年3月の資金増加額は1兆6574億円

この高い資金増加額は、2018年3月のETFの資金増加額によって生じたもののようです。
何しろ、2018年3月の、ETFの資金増加額は、過去最高の1兆6879億円でしたから。
ETFへの資金流入は、強力ですね。
日銀はETFをしっかりと買い続けているようです。

このように、追加型株式投信である、
投資信託の購入意欲は強力な日銀のETFの買いを除いても
冴えない株価の動きとは異なり
衰えていないようです。

購入意欲の盛んな株式投資信託ですが
その純資産増減額(純資産額=資金増減額+運用増減額)に目を転ずると
ETFを除いた、追加型株式投信の純資産増減額はここ2カ月、連続で減少しています。
そのために、純資産総額(純資産総額=前月の純資産総額+資産増減額)が2カ月連続で減少しています。
これは、株価低迷に伴い、運用額の減少が3カ月連続しているためのものです。

先ほどのブログでも書いたように
これまで、株式市場において、買い越しを続けてきた国内個人投資家は
3月末から、売り越しに転じました。

売り越しに転じた国内個人投資家の投資行動の変化が
4月末の、投資信託の資金増減額にどのような影響を与えるのか今から楽しみです。

それにしても、日銀は
評価益をたっぷり含んだETFを大量に抱えています。
このETFをいったいどのように処理していくんでしょうねぇ。
個人的には、これも大変興味を引かれるところです。
5兆円を超えると言われるETFの評価益、いったいどうするんでしょう。



にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

いろいろでセカンドライフ

Author:いろいろでセカンドライフ
FC2ブログへようこそ!