FC2ブログ

記事一覧

ひきこもり放置で拡大する8050問題

私、ひきこもり気味でした。
今も若干その傾向がありますし、年齢とともに
外に出るのが面倒になってきているのも事実です。

何しろ、私、10年以上前に、休職した後、職場復帰しても
元のようには働けず、極度に人嫌いになり
以前に比べると、ひきこもり気味になりました。

セミリタイアしてからも、
精神的に不安定な時期もあり(今も若干続いています)
ひどい時は、ほとんど外出できなかった時もありました。

幸い、妻と子供たちがいたので
なんとかやってくることができましたけど
私の場合、ひきこもりが続くと、外へ出るのが怖くなり
さらにひきこもり気味になる、と言う
負の循環に陥ります。

今では、意識して、毎日外出するようにはしていますが
今でも、ふと気がつくと、まったく外に出ていない
と言うこともあります。

私の場合は、ひきこもっていても、
そのひきこもりの状態を決して、良い状態だと思っているわけでは無く
なんとか外に出たいのです。
しかし、外に出るのが億劫になり、怖くなり、
10年ほど前の、状態の悪い時は、外出先で、どうして良いかわからなくなりパニックになり、
叫び出したくなることもありました。

今思い返しても、随分周りの人
特に妻と子供たちに迷惑かけたなぁ
と思います。
ただ、その当時を思うと、生きるのが辛くなるので
あまり考えないようにはしていますけど
ふとした拍子に思い出しますし、夜中に目が覚めると
否応も無く、当時のことを思い出し、自分を責めることになります。

我ながら、ホントに困ったものです。

だから、この記事、とても他人ごととは思えないんです。


ひきこもりをめぐる「8050問題」が深刻化

1月6日、北海道札幌市の築40年の2階建てアパートで、82才の母親と52才の娘が遺体で見つかった。司法解剖の結果、死因はいずれも飢えと寒さによる低栄養・低体温症。母親は昨年12月中旬に死亡し、その数週間後に娘も亡くなったとみられる。

 捜査関係者によると、2人は1つの布団の中で、娘が母親を抱きかかえるようにして亡くなっていたという。



現金も灯油もある状態だったそうですけど
この娘さんは、消極的に死を選択したのしょうか?
私にはわかりません。

私が精神的に辛かった時、物事をまともに考えられない時期もありました
今も、昔に比べると、、判断力や記憶力が相当低下していると思います。
何しろ、いくつかのことを同時進行させようとすると、どうして良いかわからなくなることがあります。
また、昔のことを思い出そうとしても、できない部分が結構あります。

まともに物事考えられない
そんな時は、なにもしたく無くなるんです。
動きたく無い、物も食べたくないし、トイレにも行きたく無い。

ただ、私の場合は、家族や猫がいましたから、
イヤでも、動かないといけなくて
それが、私にとっては幸いだったと思います。
もし、あの当時、自分一人だったら
今の自分は、まったく異なる状況にいただろうと思いますよ。

私の場合は、たまたま恵まれた環境にいたから、
セミリタイヤしても、なんとかやってこれたけど
多くの人にとっては、自分の力だけで、
ひきこもりの環境から抜け出すことって、無理じゃないのかな。

特に、金も無い、見た目も悪い、頭も悪い、やる気がない50過ぎのおっさんだったら、
親は先立っているとか、すでに介護が必要な場合が多いから
こんな、ひきこもりおっさんに対しては、
「甘いぞ、働け」、
と言われるばかりなんじゃないでしょうか。

行政サイドからは生活保護受給が受けられるぐらいが関の山(生活保護は充分有難いとは思いますよ)
それ以外は救いの手を差し伸べられそうもないように感じます。
何しろ、介護が必要とは判断されませんから。

バブル以後、就職氷河期と言われて、正社員は要らないと言われ
正規雇用の機会に恵まれず
その上、グローバル化だから新興国並みの安い給与で働け、と言われ
終身雇用や年功序列が形骸化しつつあり
企業の新陳代謝の速度が速くなり
東証一部といえども会社倒産が続出して
効率化を追求され、日本は生産性が悪いと言われ、先進国並みを強制される
ブラック企業が有名となり
ワンオペなんて言葉も流行りました。

そんな中
日本企業は過去最大の内部留保、企業収益
と言われても、
多分、ひきこもりの50代おっさん(おばはん含む)には、何も関係ないわけで。
これからもひきこもり続けないと、イケないのでしょうか。

なんだかなぁ、と思います。

一人は嫌いじゃないけど、ひきこもりはイヤなんですよね。
これって、我儘なんでしょうか。

うわさや詮索も無く、会話もほとんどしなくて良くて
飲まされることも、ともに楽しむことも強要されない
空気も読まなくてすむ
ただ、居るだけで、後は自分で楽しんで良いなら
コミュニティーに参加できるんだけど
なかなか、そうはいかないんだよね。

と言うわけで、
多分これからも、ひきこもり気味なのは変わらないでしょう。


好きなことやって、楽しんでいて、何を言っているのか
と言うお話ですけどね。







にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

プロフィール

いろいろでセカンドライフ

Author:いろいろでセカンドライフ
FC2ブログへようこそ!