FC2ブログ

記事一覧

70歳まで年金,繰下げ請求しても、65歳で年金もらってもに手取り額はほぼ同じ。だけど繰下げする予定

私、何度も書いていますが
老齢年金に関しては繰下げ請求する予定です。
現状では、70歳での繰下げ請求の予定ですが、これは将来の改正により
繰下げ請求の年齢が、より遅くできうる可能性があります。

繰下げにともない、年金受給額は増加しますが
逆に、税金や社会保険料の負担額は増えます。

今回は、70歳となって繰下げ請求した年金受給に伴い
増えるであろう費用項目、それに関しての
簡単な備忘録です。

まず
税金の項目では
国税としての所得税、地方税としての住民税が
年金繰下げ請求による、年金受給額増に伴い増えます。

次に
社会保険料があります
社会保険料としては
健康保険料、介護保険料でしょう(70歳すぎですから年金保険料は無いと考えます)。
この、健康保険料、介護保険料ともに、年金受給額増に伴い増加します。

ただし、
医療費に関しては高額医療制度
介護費用に関しては高額介護サービス費制度
があり、支出の上限額が定められています。
この上限額に関しては
どちらも、世帯収入によって上限額が異なりますから
年金繰下げ請求に伴う、年金受給額の増加が、上限額を上げてしまう可能性があります。

今回は、70歳まで繰下げ請求して、年金受給額が250万円までなった場合と
65歳時点での年金受給額176万円をそのまま受け取った場合で
実際の手取り額がどうなるのかを見てみます。
最初の段階では74万円の差がある受給額がどうなるのか楽しみです。
(65歳時点の年金額176万円が、70歳までの繰下げ請求により、1.42倍となり、ほぼ250万円となります。)

まずは繰下げ請求して、70歳時点での年金受給金額が250万円、
配偶者控除と扶養控除は無し
年金以外に収入は無いとして考えていきます。
つまり、利子所得は全て源泉徴収されており、配当は源泉分離課税あるいは無配当、
事業所得や不動産所得は無し、譲渡所得や一時所得、退職所得なども無い
ということです。

唯一の収入である年金に対する所得税の計算に関しては
まず、公的年金等控除120万円、基礎控除38万円、社会保険料控除(健康保険料控除+介護保険料控除)などが
年金受給額から引かれるわけです。
医療費控除や生命保険料控除などは省いています。

この時、港区の場合、上記の条件だと
健康保険料が年間85000円程度、介護保険料が第6段階(合計所得金額125万円未満の人)としてだいたい79000円。
課税所得が79万円程度なので、税率5%。
所得税は約4万円

住民税も基礎控除が33万円として計算すると
課税標準額が84万円として、税率10%で、
住民税8万4千円。

以上より、税金(所得税+住民税)+社会保険料(健康保険料+介護保険料)
40000+84000+85000+79000=288000円
が年金受給額から引かれますから
221万2千円が実際に手にすることができます。

一方で65歳時点で、そのまま年金受給を受けたときはどうなるのでしょう。
176万円が65歳時点での受給額とします。
年金受給額が176万円で、先ほどと同じ条件で控除を行うとすると
港区の場合、介護保険料が約75000円、国民健康保険料が約15000円
所得税と住民税はほぼゼロなので
167万円を手にすることができます。

この段階で
最初は、250万円と、176万円で74万円合った受給額の差が
221万2千円と167万円と54万2千円へと
差が20万円程度縮まっています。

さらに、
医療費に関しては高額医療制度
介護費用に関しては高額介護サービス費制度
にも、上限の差が出ます。

高額医療制度では、70歳以上の場合
課税所得145万円未満の世帯ではひと月の世帯ごとの上限額が57600円です(平成30年8月から)。
つまり、年間69万1200円。
これに対して、住民税非課税世帯は、ひと月世帯ごとの上限額が24600円です(平成30年8月から)。
つまり29万5200円。
これによって、年間39万6千円の差が生まれます。
54万2千円まで縮まっていましたが、ここで、
差が14万6千円となりました。

さらに、
高額介護サービス費制度があります。
介護サービスを利用する場合の上限額が平成29年8月から
世帯のどなたかが市区町村民税を課税されている方、の場合は1カ月1世帯で上限額が44400円、年間の上限が44万6400円です(年間の上限が新たに設けられました)。
一方で、世帯の全員が市区町村民税を課税されていない方の1カ月1世帯で上限額が24600円、年間は29万5200円です。
両者の差は15万1200円です。

これにより、先ほど、
年金額250万円と、176万円の差が14万6千円まで縮まっていたのが
ここで差が逆転します。
-5200円の差となったのです。

なんと!
年金受給額250万円もらっていたほうが、176万円の年金受給額の人より
税金や保険・医療・介護で引かれて、生活に使える残りの額が、少なくなったのです!!
いやはや面白い結果です。

はぁ~~~。

まぁ、医療費も最大限、介護も最大限使い続けた場合であり
さらに、医療費控除なども考えていない場合のことなんですけどね。

このように見ていくと
まさに、今の日本はしっかりと経済的弱者を優遇していると思うんですよ。
よかったよかった。

今回の結果は、個人的に大変面白かったんですよね^^

ある程度までの年収がない人は、税金面においては消費税以外は無税と言うのは、
良く言われる話です。
さらに、社会保険料としては、極めて安価な医療及び介護保険料以外は、保険料なしで
医療介護を受けられ、支払い的にも低いレベルの上限額が設定されているんですね。
そりゃあ、確かに、財政破たんする可能性が極めて高くなりますね。、
良くわかります。


この計算結果を受けて
私は、それじゃあ、自分自身の繰下げを止めるのか?
と言えば、まったくそんなことは考えていないんですよね。

私自身の基本的な考えとして
ストレスの少ない収入増の機会はできるだけ使いましょう
そして
ストレスの少ない、支出を減らす機会もできるだけ使いましょう
と言うのが、私の基本的な考えです。
収入と税金にはどうしても、累進的関係が付きまといますが
これも社会を維持するうえでは必要なことだと納得していますので
増えた税金と保険料は、粛々と支払いたいと思っています。


いつも書いていますが
このブログ、正確ではありません。
書いてある内容も、結構抜けが多く、いい加減ですから
参考にはなりません。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

プロフィール

いろいろでセカンドライフ

Author:いろいろでセカンドライフ
FC2ブログへようこそ!