FC2ブログ

記事一覧

日本の個人投資家と海外投資家の投資行動はミラーイメージ

日本取引所グループの
投資部門別売買状況
の売買金額の一週間ごとの売り越し買い越し額を見てみると。
大変面白いことが分かります。

下のグラフは、昨年11月の第1週からの、
東証1部の個人と海外投資家の一週間当たりの株の売買金額の売り越し買い越し金額を示したものです。
プラスが買い越し、マイナスが売り越し金額となります。
個人と海外投資家の東証1部売買金額グラフ

これをみると、日本の個人投資家と海外の投資家の、日本の市場に対する姿勢が
まさにミラーイメージ、とか、鏡像、を示していると言えるようです。

逆張りと順張りの違いとも言えますけど
投資心理の違いなんでしょうか。
大変面白い行動の相違です。

投資行動が異なることが、利益にどのように影響するのかは
私のようなものにはわかりませんが
事実として言えるのは、海外投資家の比率が年々高まっているよね
と言うことです。
市場におけるグローバル化の1断面、であるとも言えると思いますが
リスクを獲れない日本の投資家の1断面とも言えるのでしょうか。

この投資行動の違いの結果が
過去20年間で日本の家計資産は
1997年の1286兆円から2017年の1880兆円へと1.46倍となりましたが
アメリカの家計資産はこの20年で3。5倍以上に増えている。
と言うことになったのかもしれません。

アホな話ですけど
20年前の日本の家計資産が
もしも3.5倍になっていたら、と言う、タラレバ話をするならば
2017年末の日本の家計資産は4500兆円程度になっていたわけです。
国債発行額の4倍以上
GNPの8年分。
と言う感じですかね。
多分、日本の経済状態は大きく変わっていたでしょうね。




にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

プロフィール

いろいろでセカンドライフ

Author:いろいろでセカンドライフ
FC2ブログへようこそ!