FC2ブログ

記事一覧

「保険でモトを取れるの?」と言う考え方が理解できない

私、現在は、保険、ほとんど入っていません。
生命保険は加入していないし
医療保険が月3000円ぐらい
後は、自転車による事故に対する保険と
住んでるマンションの火災保険ぐらいです。

昔々、若い時は、生命保険に入っていたし
子供の学資保険にも入っていました。
40年ほど前、車を運転していたころは
自動車保険にも入っていました。

でも、車がいらなくなって、自動車保険は止めて
子供が大人になって、学資保険が無くなって。
今更、私が死んでも保険金など要りませんから
生命保険にも入っていません。

基本的に、保険に加入すると言うことは
リスク対策あるいはリスクへの対応をしていると言うことですから、必要な経費を支払っていると考えています。

この、リスクに関しては、
一つの考え方として
リスクの発生頻度とリスクに発生による損害額で4つに分類できますよね。
1:リスク発生頻度が大、かつ、リスクによる損害額が大、の場合
2:リスク発生頻度が大、リスクによる損害額が小、の場合
3:リスク発生頻度が低く、リスクによる損害額が大、の場合
4:リスク発生頻度が低く、リスクによる損害額が小、の場合

1の場合は、例えば、台風とか大雨などは日本では日常的に起こります
それなのに、崖の上とか崖下に家を建てれば、当然、台風や大雨の被害を受けるし
その被害額も大きくなります。
ですから、その場合は、リスクを回避すべきですよね。
つまりは、崖の下とか上には家を建てない、と言う選択をすべきです。

2の場合は、これは、良く起こるけど、余り被害が大きくない
と言うものですから、たとえば、商品の値札の付け間違いとか
パソコンのデータを誤って消去しちゃうとかですかね。
これに対しは、リスクの予防とか、リスクの低減と言う感じで対策しますから、
確認を行うとか、データのバックアップ取るとかを行いますよね。

3の場合は、車に乗って死亡事故とか、子供がまだ小さいのに親が死んでしまうとかの
発生頻度は少ないけど、その損害は極めて大きい場合で
この時は、リスクを移転する、つまり、「保険に加入する」と言う行動をとるんですね。

4の場合は、稀にしか起こらないし、被害も少ないと言うことで
たとえば、庭先の古い植木鉢を盗まれる、とか、入院する、見たいなことでしょうから
これは、リスクを許容しちゃうんですね。

このように
リスクを
「回避」、「低減・予防」「移転」「許容」
することが、リスクへの対応となるわけです。

そして、
保険に加入する
と言うことはリスクを「移転」するということです。

ただし、このリスクの「移転」には、大きなコストがかかるのが一般的です。
保険は、家に次ぐ大きなコストがかかる、と言われるぐらいですからね。


その大きなコストを少しでも下げるために、
リスクを回避し、リスクを予防し、リスクを許容すると言うことを行い
リスクに対する費用を少しでも少なくしようとするんですよね。

ところが、最近
「保険って、モトがとれるの?」
と言う、お話が良く出てきます。
「この保険はモトがとれないから、ダメな保険だ!」
なんてことまで言われます。

この辺りが、私、理解できないんです。
私は、
「保険とは、もともとモトがとれるようなものでは無い。」
と思っています。
何しろ、
「保険」とは、できるだけ避けたいけど、避けきれないから仕方がなく支払うコスト、
だと理解していますから。

そのために、私は
車の購入・運転を止めて、リスクを回避し
資産形成をして、リスク許容度を増やし
家を所有せずに、リスクを予防して
できる限り、リスクの移転をしなくて済むようにしているわけです。


今回は
「保険でモトをとる」
と言う最近良く聞く考え方が、どうしても理解できない、
アホな私の戯言でした。

もちろん、
「保険に入らざるを得ない時は、保険にかかる経費率ができるだけ低く、還元率のできるだけ高い保険に入りたいよね。」
という考え方なら、理解できるのですけどね。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ
にほんブログ村






関連記事
スポンサーサイト

プロフィール

いろいろでセカンドライフ

Author:いろいろでセカンドライフ
FC2ブログへようこそ!