FC2ブログ

記事一覧

松井の投信工房評価損益2019年8月24日

毎日3800円の投信積み立てをおこなっている、松井証券投信工房の評価損益定期報告です。8月18日の段階では国内株式   評価損-7,796円(-6.2%)先進国株式  評価損-25,906円(-3.3%)新興国株式  評価損-8,847円(-8.7%)合計      評価益−42,565円(-4.2%)まで悪化していた評価損益が、ずいぶん改善しました。毎回書くのは嫌なのですが、そうです、国内株式だけは、あまり改善していないのです。先進国株式は、3...

続きを読む

2019年7月の訪日外国人数は、過去最高(推計値)

日本政府観光局の、8月21日の発表によると2019年7月の訪日外国人数は2,991,200人(推計値)となり、単月としては過去最高でした。また、前年同月比5.6%増となり、順調に訪日外国人数が伸びています。日韓関係の悪化が懸念される韓国からの訪日数は前年同月に比べて-7.6%の561,700人でした。韓国からの訪日客数は、2018年1月に80万人を超えて以後はやや減少傾向で、ここのところ40~60万人前後です。以前は、訪日外国人の3人に一人...

続きを読む

松井の投信工房評価損益2019年8月18日

大変遅れましたが、毎日3800円の投信積み立てを続けている、松井証券投信工房の8月18日付の報告です。8月10日の段階では国内株式   評価損-6,304円(-5.0%)先進国株式  評価損-2,857円(-0.4%)新興国株式  評価損-6,819円(-6.8%)合計      評価益−15993円(-1.6%)でした。これが、この一週間で、すべての資産クラスで、評価損が悪化しまして、ご覧のような有様です。今現在、評価損益がどうなっているのかは...

続きを読む

比較可能な共通KPIによると、この1年で、投信の顧客損益が改善されています

8月9日に、金融庁から販売会社における比較可能な共通KPIの公表状況が公表されました。これによると投資信託の運用損益別顧客比率が、2019年3月末は、2018年3月末と比較して、改善しています。図を見てわかるように、2018年3月末に比較して、運用損益がマイナスの割合が、減少し運用損益がプラスの部分が増えています。これに関する要因分析は、ニッセイ基礎研究所のコラム投信の運用状況、2019年3月末はやや改善~損失を抱えてい...

続きを読む

ここ3カ月毎月分配型の投資信託への資金流入が続いている

投資信託協会から7月の公募投資信託の資産状況が公表されました。私、2カ月ほど前のブログ記事5月の運用成績は悪かったが、公募投資信託には資金流入。毎月分配型が少し復活したかもの中で2017年の5月から流出が続いていた、毎月分配型が2019年5月は2年ぶりに資金流入(約152億円)となったのですね。と書いてのですが、5月から7月まで、株式投信の毎月分配型に対する資金流入が3カ月連続して資金流入しているのです。5月が約152億...

続きを読む

プロフィール

いろいろでセカンドライフ

Author:いろいろでセカンドライフ
FC2ブログへようこそ!