記事一覧

個人的には1億の壁がきつい

基本的に、お金をためるためにはinとoutのコントロールしかないと思っていたんです。貯金「100万の壁」にぶつかる人の共通点まず100万円を超えるためには、キャッシングやリボ払いをを止め、「自動引き落とし」「給与天引き」を行う。次に500万円を超えるためには、貯蓄モチベーションの維持と、解約しづらい口座の開設、そして黒字の時の余裕資金を即座に追加入金。貯金「1000万の壁」を越える人の共通点1000万円の壁を...

続きを読む

「日本の低金利」の酷さよりは、非課税の凄さを実感しました

個人的に、記事のタイトルとは全く異なる印象を受けましたよ「日本の低金利」の酷さがリアルにわかる“悲しいハガキ”おじい様から孫への教育資金を教育資金贈与制度を利用して、贈与した時の収益金(利子みたいなもの)の話です。信託に預けた元金1000万円に対し、今年3~9月までの6か月間の決算で増えたのはわずか750円。しっかり税金も引かれて手取りは「599円」だった。今時、ちょっとしたラーメンも食べられない。と不満を述べ...

続きを読む

信託報酬値下げ競争や金融庁の変革も、金融業界の営業攻勢の前には効果が出にくい

数年前から始まった、信託報酬値下げ競争個人的には大変ありがたいことなんです。けれど、ファンドの販売額を見る限りにおいては信託報酬の値下げが、ファンド販売額の順位に大きな影響を及ぼしているとは思えないんですよ。モーニングスターの9月29日付のデータで過去一カ月の、ファンド純資産増加額について上場投信を除いて、その順位を見ると、以下のようになります。1位:ひふみプラス (レオス ) 3.23%(0%) 1.06% 2位...

続きを読む

足るを知るを卒業したら、富めないのか?「を」が抜けてました^^;

足るを知る、という言葉がありますよね私が、この言葉を知ったのは確か、京都の龍安寺にある、水戸光圀が『大日本史』の編纂に際して、資料を見せてもらったお礼に送ったという、つくばいだったか、手水鉢だったかにそこに「吾唯足知」という文字が刻まれていて、その解説を聞いたからだったの思うんです。この「足知」という考えは、たとえば老子だと第三十三章に書いてあるよ、と言うのが有名です。そこには知人者智  自知者明...

続きを読む

仮想通貨は、クレジットカードでも買えるし、FX取引もできる、海外送金も簡単、プリペイドカードも使えるし、アービトラージもできそう、

仮想通貨、面白いですね^^;仮想通貨って、クレジットカードで買えるんですね。海外通貨や株券、債券なんてものはクレジットカードで買えないと思っていたから驚きました。クレジットカードの現金化、やる人出るんでしょうね。まぁ、現金化には一週間待たないとダメだしクレジットカード利用手数料が7~10%ぐらいかかるし、さらに、仮想通貨の現金化で少し手数料かかると言う、不利な点がいくつかあるけど、それにもめげない人...

続きを読む

プロフィール

いろいろでセカンドライフ

Author:いろいろでセカンドライフ
FC2ブログへようこそ!

アクセスランキング