記事一覧

「自己肯定感」と「他者信頼感」これがいつまでも強かったら、まずくね?

子供が育つ上で、とっても大事といわれる「自己肯定感」と「他者信頼感」でも、いつまでもそのままじゃ、生きていくのは大変じゃないですかね?「自己肯定感」これって、最近だと、アドラー信者の方々からは、風当たりが強い。「ポジティブシンキングは、続けていくにはしんどいよ」それよりは今のありのままの自分を受容しちゃう生き方である自己受容の方が、一般受けが良いんでないの。なんて感じです。「他者信頼感」これっは、...

続きを読む

デキないのは「ジャパニ~~ズ・オトコ」、デキるのは「ひと」

書き方が、まさに「思考誘導的」で面白かったので、記事にしちゃいました^^デキない男が好む「ランチ中の話題」3類型この記事なんですけど。デキないオトコは、こんな話題が大好物だ!   そしてどうやら、日本のデキないオトコの話題の貧しさは世界トップレベルのようです。外資系企業にいると、外国人の同僚からデキない日本男子の話題についてよく指摘されることがあります。今回は、「話題」でデキるデキないを見分けるお作...

続きを読む

選択するとは辛い作業である

今の時代は、ほとんどの皆さんに選択肢が多様にありますよね住居(住所)・教育・職業・結婚・子育て・・・などなど、比較的大きな自由度認められています。さらには、日々の食事や服装、持ち物、部屋のレイアウト、私的な時間の過ごし方、社交辞令、などなどまで考えると、極めて多くの自由な選択の中に生きているのが今の日本人ですよね。旧石器時代とか縄文時代との差を考えればよくわかると思いますし、平安時代とか戦国時代と...

続きを読む

仕事を辞めると、生活が楽になる

よく言われることに、「生活を楽にするために、仕事を頑張る」なんて話があります。この記事は、そんな考えとは少し異なる見方をしているようです仕事に縛られなければ生活費は安く済む。1億円を貯めて31歳でリタイアした女性からの助言「みんな意識していないと思うけど、わたしたちは『働くため』にたくさんのお金を使っている。わたしはそこに気づいたんです。毎日の通勤にいくらかかる? プロフェッショナルに見える服装とそれ...

続きを読む

今どき電話に出る人っているの

電話が嫌いになったのはいつからんだろう?私がまだ小さい時は、家に電話がありませんでした。いつごろか、家に電話が引かれて、それ以来、子供の時は電話は、掛けるのも受けるのも楽しみだったと思うんです。恋人と、長電話なんて、最高の楽しみの一つでした。これがいつの間にか大嫌いになって。そうなったのは、多分、社会人になってからだと思うんですよね。電話は嫌い、非通知出ない 人事も驚くイマドキの就活生「学生が電話...

続きを読む

プロフィール

いろいろでセカンドライフ

Author:いろいろでセカンドライフ
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

アクセスランキング