記事一覧

年金75歳選択受給の意味を知って批判しているのだろうか?

最近、繰り返し書いているんだけど、高齢社会対策の基本的在り方等に関する検討会における委員の発現を取り上げ、極めて大きく歪曲したマスコミ記事とそれに伴って、年金制度を批判する方々の記事や意見が、たびたび取り上げられています。たとえばこの記事年金受給開始「75歳とか…」 内閣府の検討会で意見タイトルに「75歳とか・・・」って何?この書き方はひどくないですか?社労士が警告「いよいよ70歳定年・年金75歳受給の...

続きを読む

日本は今、急激にインフレが進んでいる

スミマセン、タイトルは単なる煽りですからお許しください下の記事のタイトル見て、年金の手取りを減らす、健康・介護「保険料インフレ」の実態なるほど、記事読ませるにはこうしてタイトルつけるのか。と感心したので、誰も読まない私のブログも少しは目を引くかもしれないと思い自分のブログにも適応してみたんです。で、タイトルに書いたインフレってこのブログ読んでいる皆さんがすでに予想している通りに今現在日本で急激に進...

続きを読む

75歳受給開始年齢繰下げ選択、個人的にはありがたい

皆さんご存じのとおり、今日本の公的年金は60歳から受給可能ですよね。ええ、もちろん、現状は、65歳時給開始年齢引き上げの途上だと言うのは理解していますですけど、60歳への繰り上げ受給も選択できますから、60歳受給開始が可能なんですよね。8月8日に高齢社会対策の基本的在り方等に関する検討会の第4回が行われましたこの配布資料の中に「高齢化対策関係で参考になる日本の主な取組」として「定年制の引き上げと年金支給開始...

続きを読む

積立は自分だけでできるが、賦課は自分だけではできない

数年前に、ある党が政権取った前後ごろ年金制度で積み立て方式と賦課方式の話題が散々言われました。個人的な考えですけど、私は、年金はあくまでも老後の生活資金の補助的なものである、と考えています。何しろ、公的年金で老後の生活資金すべてを賄う、ということは現実的では無い。まず、自営業の方々は定年が無いわけで、老後も働くことが原則の国民年金です。また、定年のサラリーマンの中の多くの方は厚生年金の不足分を退職...

続きを読む

1世紀、国では見通せないと思う

ここ1~2年ぐらい、寿命100年時代なんて言葉が流行っています。本でも、売れましたよね。あと100年もたてば寿命100歳時代になるとか。そんな中、やっぱ年金に対しては、旧態依然とした考え方が主流ですよね。年金75歳受給 高齢者が幅をきかせる政治家ならではの発想近い将来、「75歳からが高齢者で、それまでは働けるから年金は不要」とみなされる社会がやってくる。そのとき私たちが直面するのは、高齢者になる前に資産を食いつ...

続きを読む

プロフィール

いろいろでセカンドライフ

Author:いろいろでセカンドライフ
FC2ブログへようこそ!

アクセスランキング