記事一覧

確定拠出年金の受け取り方で参考になったので

個人的に、iDeCoを含む確定拠出年金の受け取り方でとても参考になった気になので。ここで紹介します。iDeCoの給付 年金で一番大事なのは「受け取るとき」この記事で年金で一番大事なのは、間違いなく「受け取るとき」です。として受取時期が近づいてきたら(この記事では50代半ばとなったらとしている)リスクが高めの株式投信を「売り」、その代金をノーリスクの預金に入れるという指図を行えばいいさらに60歳以降も受け取り終え...

続きを読む

iDeCo、個人的には、移管時手数料が気になった

私、今は企業型の確定拠出年金になってしまったのであまり関係ないんですけど個人型の確定拠出年金(iDeCo)に加入していたときに気になったのは、移管時の手数料でした。iDeCoの金融機関選びは「運営管理手数料0円」に惑わされるな!この記事でiDeCoについては多くの人が勘違いしている部分がある。それが、取り扱う業者である「運営管理機関」の選び方だ。として、以下の4つの基準が書かれているんですけど(1)商品の品ぞ...

続きを読む

個人的にはGPIFは、あっても無くても良い

GPIFに関しては、さまざまな意見が乱立しています。基本的にはマイナス面を強調する意見が多数を占めるのですけどプラス面を示す方々もいます。私は、個人的には、GPIFは有っても無くてもかまいません。それは、GPIFが無くなっても、年金給付には大きな支障が無いからですね。連続黒字は一体なぜ…?GPIFに「次々湧き上がる疑問」この記事は、GPIF不要論を繰り返し訴えている方の記事なんですけど。「5四半期連続の黒字はGPIFが...

続きを読む

GPIF平成29年度第2四半期運用収益額4兆4, 517億円、マクロスライドの継続期間はどうなるかな

11月2日に、GPIFから、平成29年度第2四半期運用状況が発表されていました。マスコミにおける取り扱いがとても小さいので、私、見逃していました。運用成績は以下のようになってます運用資産額が150兆円を突破しましたね。GPIFの積立金運用における第2 期(2010年度から2014年度までの5 年間)および第3 期(2015年度から2019年度までの5 年間)の中期目標である「保険給付に必要な流動性を確保しつつ、長期的に積立金の実質的な...

続きを読む

運用益が今年度すでに10兆円超えました、でも、同じように損することもあるんだよ

GPIFからの公式な発表はまだですけど公的年金4兆円台の黒字 7~9月期試算、株高で 2017/10/25 18:23日本経済新聞 電子版公的年金を運用する年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)の7~9月期の運用実績が4兆円台半ばの黒字になったことが分かった。野村証券の西川昌宏チーフ財政アナリストの試算によると、7~9月期の運用益は約4兆6千億円。 10月は国内株の上昇が続き、24日時点ですでに3兆円超の運用益を出...

続きを読む

プロフィール

いろいろでセカンドライフ

Author:いろいろでセカンドライフ
FC2ブログへようこそ!

アクセスランキング