記事一覧

自民党が嫌いな人があっちからこっちへと移っただけなの?

衆議院議員選挙の結果がほぼ出そろいました。変化がほとんどなくて、良くわからないんです。結果だけ見てると自民党が嫌い、あるいは「自分はリベラルなんです」と言う方々(選挙民の方々も政治家の方々も含めて)が、ぞろぞろとあっちからこっちへと移っただけのような気がしてしまいました。ある新興勢力は代表の方が、リベラルは排除?的なことを言った途端(ホントにそんなこと言ったのかどうかは私、知りません)にマスコミお...

続きを読む

「力の平等」の次は、「見た目の平等」かな

今、ロボット産業の現場では力の平等とかパワーバリアレス社会を目指して、進んでいるようです。労働現場でヒトを超人にする「着るロボット」が目指す“力の平等”この記事の最後にロボット開発で目指しているのは、「年齢や性別に左右されずに働けるパワーバリアレス社会の実現」だ。藤本の事業家としての経営理念でもある。と書かれています。力の平等により、年齢差、性差や人種差によらないパワーやスピード、バランス、が得られ...

続きを読む

「ナグる」より「ナジる」方が効果的?

今年のノーベル経済学賞が決まりましたね。リチャード・セイラー氏、と言う方だそうです。この記事「心の経済学」で社会を豊かに ノーベル賞のセイラー氏によると、授賞理由は心理学を経済学に反映させたこと。つまり人の「心」を組み込んだ経済学をつくったということだ。人間はだらしなかったり、短絡的だったりするけれども、「ナッジ(nudge=小さな誘導)」を与えれば社会を良く変えられる。のだそうです。この、Nudge(ナッ...

続きを読む

自由人、ニューヨークに行くかタイに行くかでこんなに違う、下流中年になるか上流中年になるか

日本のシステムから離れ、海外で生きる選択をしたはずの人たちともに自由人と言われる人たちのたどり着く先です。でもこんなに違う。なんででしょう。貯金してない40代って大丈夫??こちらはニューヨーク在住のライターの方と、東京在住のライターの方の対談ですね。「月給9万円」タイのコールセンターで働く30代日本人女性の憂鬱こちらは日本人ノンフィクションライターによる、タイのコールセンターで働く日本人の取材記事です一...

続きを読む

初めて出生数が100万人を切った

厚生労働省で平成28年(2016)人口動態統計(確定数)の概況が平成29年9月15日に発表されました。その概況を見ると2016年の出生数は976 978人戦後統計を取り始めて初めて、100万人を切ったんですね。人口1000人当たりの出生率も初めて2016年は7.8と8を切り、初めての7台です。1947 (昭和22年)には人口1000人当たり、34.3有りましたから実に、4分の1以下になったんですね。一方で、人口1000人当たりの死亡率は増え続けています20...

続きを読む

プロフィール

いろいろでセカンドライフ

Author:いろいろでセカンドライフ
FC2ブログへようこそ!

アクセスランキング