記事一覧

積立は自分だけでできるが、賦課は自分だけではできない

数年前に、ある党が政権取った前後ごろ
年金制度で積み立て方式と賦課方式の話題が散々言われました。

個人的な考えですけど、
私は、年金はあくまでも老後の生活資金の補助的なものである、と考えています。
何しろ、公的年金で老後の生活資金すべてを賄う、ということは現実的では無い。

まず、自営業の方々は定年が無いわけで、老後も働くことが原則の国民年金です。
また、定年のサラリーマンの中の多くの方は厚生年金の不足分を退職金や企業年金が埋めていましたよね。
と言っても、私のように、企業側に年金制度が無かった例も多いんですけど。

この企業年金、ほぼすべてが積み立て方式+運用益を想定していたんですね。
おかげさまで、企業年金の一つの適格退職年金は運用益悪化による積み立て金不足で、
企業経営圧迫、結局その制度自体が廃止されていますし
また、厚生年金基金に関しても、代行割れが多発して、廃止の方向ですよね。
当然、代行部分の不足分は国が支払うので、皆さんの税金から出ているのかもしれませんね。

このように、日本で過去に積み立てで年金考えると、ダメダメの連発
結局税金でしりぬぐいをしていましたね。
税金て事は、賦課方式を併用していたと言えるんですね。
情けないことですけど。

そんなこんなで、数年前、年金問題がクローズアップされている時
積み立て方式と賦課方式も、いろいろ言われました。

賦課方式は、
世代間格差を拡大させるとか、
少子高齢化では維持できないとか
インフレに強いがデフレに弱いとか

積み立て方式は
インフレに弱いとか
長期的予測が立てにくいとか

それじゃあ、積み立て方式と賦課方式の良いこと取りしようとか
散々言われました。

個人的な意見では
積み立て方式は自分だけで準備できるけど
賦課方式は自分だけじゃ準備できない。
と思っているんです。

何しろ、
賦課方式、相互扶助の考えですから、
たとえば、私が高齢になって、誰かに、老後資金不足してるからお金ください
と言っても、相手にしてもらえない。

でも、積み立て方式は自己責任的な性格だから
自分で老後を考えて、積み立てることは可能です。

てことで、やはり、
積み立て方式は自分で考えて実行できるけど
賦課方式は自分だけで考えても、どうしようもない。
制度として作ってもわらないと、実行できないんですね。


私の場合は、
個人としては積み立て方式の個人年金(自分で勝手に積み立ててきたんですよ、別に生命保険会社を利用しているわけでは無い)をこれまで実行して来たわけで
現在も実行中でもあるわけです。
それに加えて、国として賦課方式の厚生年金制度も用意してくれているわけで
おかげさまで、リスクが分散されており、大変ありがたい。
これが、どちらも積み立て方式だったりしたら、今よりは不安だったかもしれない。
リスク分散が不十分だったかも。

ついでに、賦課方式って言うのは
世代間相互扶助の側面が強いわけで(障害者年金や遺族年金と言った物は世代間では無いけど)、
自分で家族を形成して、子供を作っておくのも、賦課方式の実践には大変役に立つんですね。

妻に働いてもらうのと同時に子供たちにも社会人として働いてもらう。
と言う感じで、賦課方式による相互扶助形態を、年金とは別の扶助手段として
準備するのも大事なんですね。
と言っても、実際は私は妻や子供たちから
援助は受けていないんですけどね。
いざという時は、とっても心強いと思っているんです。
親からの資産、と言うのも、大事な世代間相互扶助かもしれないですね。

あと、最後に、
日本の場合、公的年金は賦課方式と言われますけど
実際は、積み立て方式と賦課方式の併用ですね。
GPIF見ればわかると思いますけど。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ
にほんブログ村












関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

いろいろでセカンドライフ

Author:いろいろでセカンドライフ
FC2ブログへようこそ!

アクセスランキング