記事一覧

厚生年金保険料、このまま65ぐらいまでは払い続けるかもしれない

今セミリタイヤしてますけど、会社のご好意で、厚生年金保険料は払っています。
ですから、ありがたいことに、年々確実に将来受給できる年金額が上がっている。
何度も繰り返しますけど、私は70歳繰下げ受給予定なので
42%増量された年金額ですね。
あと、これも繰り返すけど、
「年金受給前(70歳前)に死んだら、払い損じゃないの?」
と言うことに対しては、それで良いと思っています。
年金に対して、私個人の損とか徳とかは、基本的に考えていないのです、
重要なのは持続性だと思っていますので。

私、このまま流れに任せておくと、65歳ぐらいまでは保険料の払い込みは続きそう。
妻に至っては70歳ぐらいまでは保険料払い込みを続けそうです。
保険料払込、個人的にはできる限り続けたいと思っています。
なぜなら、年金制度が賦課方式だから。
私の保険料が、ほかの方々の支えになっているからなんです(目的税的性格って、うれしいですよね)。
とってもお得(自分の年金も増えちゃう)に、他の方々のお役に立っているわけですから、嬉しい限りなんです。
私のようなコミュ障気味にとっては、絆が~~、とか、繋がりが~~、とかという、
なんとも押しつけがましいことを言われてしまう、各種のボランティア活動よりは
よっぽど自然に社会の役に立って、かつ、自分の役にも立っている。
なんてありがたい制度なんでしょうか。
これが、積み立て方式、と言うなら、払い込む事にあまりインセンティブを受けなかったかなと思ってしまいます。

最近の年金記事見ると、とにかく如何に年金保険料をお得に有利にするかということばかりが書いてあります
支払った金額に対して、受け取れるのはどれだかけか、なんてことばかりが書いてある。
少しでも不利な期間の払い込みになると、「大損」だ!」的な感じで書いてあります
そんな記事を読むと、確かにその通りだし、大事なことだと思うけど
そんなことばかりになると、なんともやるせなくなってしまいます。
少子化も当然だよね、と思ってしまいます。

昔に比べて、長くなった寿命
どうしても、受給期間が長くなるわけですから
年金制度そのものを維持するためには、
保険料支払い期間を延長可能にして納付保険料総額を多くしていく
高齢任意加入の条件を緩和しても良いんじゃないかと思うんですよ。
年金受給開始繰り下げの選択の幅を広くして(要は申告により受給開始年齢を遅らせて)その間の年間受給額を増額できるようにする
と言った事は必要になると思うんです。

年金、これで、老後の生活費用全てを賄える、という考え方そのものが
本来の年金の性質から逸脱しているように感じますよ。
何しろ、生活保護とは性質も成立過程も違うんですから
そのあたりを踏まえて、私自身、年金と付き合っていきたいなぁ。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ
にほんブログ村




関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

いろいろでセカンドライフ

Author:いろいろでセカンドライフ
FC2ブログへようこそ!

アクセスランキング