記事一覧

本人度外視の延命治療が国を滅ぼすのでしょうか

「海外には寝たきり老人がいない」ということが、良く言われます。
この海外とは、欧米ということです。
決して日本以外のアジアの国を海外と言っているわけではありません。

寝たきり老人がいない、という意味は、
日本には見られないような驚異的な能力を持った福祉介護スタッフの存在と
スーパードクターがタッグを組んで、患者さんへの適切な医療提供と介護によって
寝たきり老人なんてものは発生させないのです、
やっぱ海外の福祉医療って、日本と違ってスゴイなぁ、というような
どこかの空想医療小説の内容とは異なりますよ。

海外では寝たきりになってしまうような状態になったなら
無理やり点滴したり胃ろうしたりして、延命治療を行って、少しでも長く生きさせちゃう
というような、私にとっては個人的には、ある種の拷問とも思える医療行為をしないからなんですね。
そりゃ、寝たきり老人は、知要期間苦しまずに、比較的安らかに旅立てますね。

まぁ、それでも、寝たきり老人はゼロにはなら無いと思うんだけど
激減はするでしょうね。

いま日本では、寝たきり老人の数は100万人とも200万人とも推定されます。
延命費用は一人あたり年間1000万円程度。
いったいどれほどの社会資本が延命に使われているのかは、想像するだけで背筋が寒くなります。

そろそろ、延命の考え方、変えたほうが良いと思うんです。
それじゃなくても、すでに日本の社会保障費の維持が困難になりつつあるんですから。
私も、個人的には、延命治療、止めてほしいです。
頼むから、苦しませずに、早めに旅立たせてほしい。
高齢者の自尊心をズタズタにするようなことは止めてほしい。

寝たきりゼロ、なんてことは、はっきり言ってそれほど大したことじゃないと思うんです。
だって、余計なことやらなけりゃいいだけなんだから。
寝たきり増やしているのは、大量の医療機関の収益のためと、
一般の方々の無自覚な他人任せの延命信仰と欲望のためなんじゃないかと疑いたくなります。

ホント、延命治療は国を滅ぼすんじゃないか心配になるんですよね。



にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ
にほんブログ村








関連記事
スポンサーサイト

プロフィール

いろいろでセカンドライフ

Author:いろいろでセカンドライフ
FC2ブログへようこそ!

アクセスランキング