記事一覧

人脈が無いと老後は不安なのか

良く言われるじゃないですか

会社や組織から離れると偉い人ほど何もできない、とか
会社の地位を大いに利用していた人ほど定年後何をして良いかわからないくなる、とか
多くの場合は、会社を離れた人脈が無いとか、充分な資産が無いことが理由として挙げられているんですよね。

確かにその通りだと思うんですけど

でも、個人的には
何かやりたいこととか
定年後の人生を充実させること
なんてものは、人脈とか多額のお金とかがなければできないことだとは
まったく思わないんですよね。

もちろん、
他人と一緒にいないと不安だとか、
誰かのための活動をしていないと充実感を得られないとか
社会参加していないと生きる価値を感じられない、
などなどといった、価値観に支配されている方々にとっては、当然
定年後、会社以外の人脈とかある程度の資産は必要となるんでしょうけど。
私は、そう言った価値観にはほとんど支配されていないんですよね。

これが、半世紀以上も前の世界だったら
確かに、生きるためにはまさに、定年後は地縁社会や血縁社会でどう結びついて行くか考えなきゃいけなかったので
会社とのつながりが断たれるとすぐに、地域社会での人脈とか、親戚との繋がり
なんてものがとっても重要になったと思うんです。
昔は、地縁・血縁を頼らないと、地域社会で生きていくことが困難になる、
極めて不自由な社会だったんですよね。
生きることは、ある種の闘争でもあったわけです。

地縁血縁では無くて、友人関係だったらどうなの?
ということもありますけど、
地縁や血縁と友人関係、別にそれほど差は無いと思うんです。
どれであろうと、時間と金を消費する上にめんどくさい。
何しろ
「友情は至高の人間関係である」的な、洗脳まがいの言葉が巷にあふれていますから
とっても怖いんです。もっと自由に生きたほうが良いんじゃないの、と思ってしまう。

しかし、現在
地縁社会とか血縁社会なんてものが厳然と生きているのは、日本においては
幸いなことに、極めて限られた領域に残っているだけじゃないかと思うんです。
さらに、今では社会保障が比較的確立していますので
そこそこの資産があれば、余り地縁血縁に頼る必要は無いと思うんです。
というか、逆に地縁血縁に頼ったら、そこを起点として、
自己のパーソナルスペースへの他者の侵害を許すことになってしまうように思います。


まさに、生きることを自分で自律的に選択して楽しめる時代になってきているんですね。
これって、私のように、余り他人と接触したく無い人間にとっては
大変ありがたい社会になってきているんだと思うんです。

これからも、個人が自由に自立した生活を選択できる社会であり続けてほしいんですけど
経済的に豊かでないと、こんな我儘な社会は維持できないと思んです。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ
にほんブログ村


関連記事
スポンサーサイト

コメント

No title

基本は一人でPCか散歩、老後も短そうですし、私にとってもありがたい社会です。

Re: No title

たんちんさん、コメントありがとうございます

> 基本は一人でPCか散歩、老後も短そうですし、私にとってもありがたい社会です。

私も同じようなものです。
家族以外との付き合い皆無ですから^^
ホント、今の時代はありがたいです。

No title

定年後の生活を何をしたらいいのかわからないというのは仕事に100%全力投球してきた結果なんでしょうね。わたしのように在職中からよそ見ばかりしている人は心配無用です。
地域社会、地方ではちょっとうっとうしいですがそれでも少しずつ変わってきていると感じます。

Re: No title

かぴばらMさん、コメントありがとうございます

> 定年後の生活を何をしたらいいのかわからないというのは仕事に100%全力投球してきた結果なんでしょうね。わたしのように在職中からよそ見ばかりしている人は心配無用です。
> 地域社会、地方ではちょっとうっとうしいですがそれでも少しずつ変わってきていると感じます。

子供のころから、全力投球は大事、なんて言われて教育されてきましたから^^
意識改革大変なんでしょうね。

昔は地縁血縁嫌いな人は村八分、なんてことがありましたから、厭でも付き合いました。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

いろいろでセカンドライフ

Author:いろいろでセカンドライフ
FC2ブログへようこそ!

アクセスランキング