記事一覧

長い髪には訳があるようです

連続で娘の話で申し訳ありません。

娘が数年前から髪を伸ばしています。
子供のころは、長い髪だったのですが、
中学高校は、ショートが多かったんです。
それが、留学してから髪を伸ばし始めました。

海外で長髪では髪の手入れが面倒だろうと思うんですよね。
実際に、
留学先では、美容室には行っていないようです。
知り合いの方々から、留学先の国の美容室では、一部の一流の美容室以外は残念ながら
技術的な面で満足を得られにくいから、お勧めしないと言われたようなのです
(実際には、一度は行ったようですけど、一度で懲りたらしい)。
そのために、美容室は帰国した際に、行きつけの美容室に予約して行っています。
美容師さんも、カットとカラーではお気に入りの異なる美容師さんにお願いしています。

おかげさまで、娘の一回の美容室料金が、私の理髪料金1年分を軽く超えます。
当たり前ですけど。

そんな面倒でも、なんで髪の毛伸ばしているのかというと
どうやら、髪の毛の寄付をするためらしい。

ヘアードネーションというやつですね。
髪が短くても、無駄にはならないようなんですけど
既定の長さにしてから、寄付したいらしい。

どこの国でヘアードネーションするのか知らないけど。
ジャパンヘアドネーションにおいては
最短の長さが12インチ=30.48cmとなっているために、
少なくとも、この長さのカットができるようにはしたいようです。

親としては、娘が長髪であった小学校の頃のことを思い出して
ついつい、長く伸びたサラサラの髪の毛を撫でてしまうんです。
ポニーテールにした髪を、手のひらでそっと掴んで、梳いてしまうんですよ。
そしてそのたびに、嬉しくなってしまうんです。
「ああ、大きくなったなぁ」って。

髪の毛を伸ばしているのは、誰かのためではありましたけど
それは特定の相手のためではありませんでした。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ
にほんブログ村



関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

いろいろでセカンドライフ

Author:いろいろでセカンドライフ
FC2ブログへようこそ!

アクセスランキング