記事一覧

今、一番たくさん飲んでいるのは日本酒。「せんべろ」知らんかった

最近、「うまい日本酒が飲みたい」と言うブログ記事を書いていないんですけど
日本酒自体は良く飲んでいます。
最近も、久保田、写楽、獺祭、天青、・・・
などなど飲んでます。

多分、一番飲んでいるお酒は日本酒だと思います。
次がウイスキー。

日本酒飲む時は、最初から最後まで日本酒です。
ビールとか酎ハイを最初に飲むなんてことはしません、
だって、美味しい日本酒の味を損ないたくないのですよ。
他のお酒の味で。

私は、ほとんどの場合、冷で飲むので、
冷たい時から、徐々に温まっていくことで香りも味も変わっていく様子を楽しみたいんですよね。

安易な「せんべろの酒」が日本酒をダメにした

「日本酒は駅近くのガード下の焼き鳥屋が似合う」「せんべろ(1000円でべろべろに酔っぱらえる)」……日本酒業界は長らく、安さを追い求めてきました。


この記事は、「獺祭」を作っている酒造会社の会長さんのお話をまとめたものですね。
私も、日本酒ダメにしたのは、酒造組合とか安く酔うことばかりを求めた事が、一部にはあるんだろうと思います。

「せんべろ」という言葉、私知りませんでした。
1000円でべろべろに酔っぱらえる、という意味なんですね。

まず、べろべろに酔っ払う、ということは私自身はほとんどしないんですよ。
かっこ悪いじゃないですか、自分から進んでお金を払って認知症の患者さんよりも
悪い精神状態になってしまうなんて。
そんな状態に自分を追い込んで、隠れた自分を解放したいなんて、
よほど日ごろの生活に抑圧感じているんじゃないかと思うんです。
それじゃ、次の日後悔するのは当たり前です。

私の場合、お酒にあまり強くないから
1000円もあれば、美味しいお酒(自分のこのみの日本酒)で
気持ちよく酔えるんですよ。

今の日本酒、少し前に比べたら、劇的に変わりました
美味しくなりました。
それなのに、4合瓶で2000円以下(一部の特別なものを除く)。

加えて、お酒に弱い私は、2~3合で充分に酔えますから。
私のように、家で飲むなら、1000円もあれば気持ちよく酔えるんです。
さらに、200~300円で、酒の肴を数品作れば、言うことなし。
せいぜい1500円で、至福の時間が手に入ります。

個人的に、
自分が食べたいと思った食材を、
自分の味付けで自分の食べたい料理法で
自分だけのために作って(クックパドさまさまです)、
自分の飲みたい日本酒を
自分の飲みたい飲み方で我儘に静かに誰にも邪魔されずに飲む。
これが最高の贅沢なんです。
それなのに、とっても安価。

そろそろ、
不味い酒をみんなに合わせながらストレス感じながらワイワイと飲んで
酔うことに逃避して、次の日に後悔する
と言う習慣はやめたほうが良いんじゃないかと思うんです。

金の無駄だし、時間の無駄
もちろん、誰かとつながっていないと生きていけない、と感じている人にとっては
ノミニュケーション大事でしょうから仕方ないんですけど。

人間、独りで旅立っていくんですよ。
孤独を愛せたほうが面白いと思うんだけど。

スミマセン、コミュ障のため誰かがいると苦痛感じて落ち着けないし、一人が好きなもので・・

まぁ、
うまい日本酒は一人では作れないし
料理の道具や材料も一人では作れないでしょ
楽しむためのソフトやハードは全て社会活動から生み出されたんだし
人間は社会性動物なんだよ。
という正論は、
アラ60のおっさんにはいまさらの話なんで、スルーさせてもらいます。
これからは、楽しみを生み出すことなく自分だけで消費する、という方向性で生きていきたいなと思うんです。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

いろいろでセカンドライフ

Author:いろいろでセカンドライフ
FC2ブログへようこそ!

アクセスランキング