記事一覧

芸人・大衆・マスコミ、で作られる世界なんですね

先日、有名な芸人さんの妻がお亡くなりになったそうです。
お悔やみ申し上げます。

私自身は、この事件に関する情報を自分から積極的に見聞したことは一度も無かったんですけど
私の家族や知り合いから、たびたびお話を聞かされ、教えられ
ネット上でも各種ニュースにたびたび取り上げられるので
知った次第なんです。

なぜ、直接の知り合いでもないよそ様の妻の病や
それに伴う家族(夫や子供)の状況などを
伝えたがり、かつ、知りたがるんでしょうか?
私には、まったく理解できないんです。

これまで、私自身の知り合いや、親戚・家族の中からも、何人もの方々が
病に侵され、旅立っていきましたけど
その現状を、他の方々に実況的に伝えていきたかったかというと
そういう感情が私には全く無かったんですよ。

そのために、状況を知らせていく芸人さんの姿は、
私のような凡人には理解も真似もできない
これこそが芸人魂とも言うべき心理なんだろうなと思っているんです。

また、一方で、そんな芸人の方の私生活情報を知りたいと考える大衆の方々と、
そんな情報を頑張って流すマスコミの方々がいるわけです。

これも私には理解できないんです、
これまで、私自身は、有名な方やその関係者の病や、
たとえ私自身の知り合いや親せき家族の病であっても、
本人達から知らせたい、というお話が私に対して無い限り、
こちらから聴きたいと思うことが無かったんです。
ですから、なぜ、一般の方が、直接の知り合いでも親戚でもない芸人の方の
病という個人情報にまで興味を引かれるのかよくわからないんです。

感動的なあるいは悲劇的な現在進行形のお話を求めているなら
世の中には似たようなお話が厭というほど転がっており、
ネット上にも溢れているのに
なんでわざわざ、と思ってしまうんです。

芸人・大衆・マスコミの方々の相互作用によって
ストーリーが作られ、
まさに、目の前で舞台という世界が回っているんですね。
この1000年以上にわたって続く文化(もしかしたらヒトのDNAに刻みつけられているのかも)。
今回、改めて感じましたよ。

いつもながら、大変興味深いものです。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

コメント

No title

共感を得たいのでしょうね。
ネットで見ず知らずの人より顔も素性もある程度知ってる芸能人なら感情移入しやすいと。
芸人のほうも私生活切り売りが仕事みたいなもんですから、そこは共依存なんでしょう。
僕もあまり興味はないのですが。。

No title

私の身内は、初期癌で手術後大丈夫だと言われていたのが再発し、最後は脳転移まで。その後亡くなりました。あれを経験して思うは、人の病気による死は、面白おかしく報道する話じゃないと。
身内が報道しないでくれと言えば、それを守るくらい普通の話だと思っています。静かに故人を想い、そして気持ちの整理を、と。

パパラッチと同じ。金に集るは、ハエと一緒と思っています。

Re: No title

招き猫の右手さん、コメントありがとうございます

> 共感を得たいのでしょうね。
> ネットで見ず知らずの人より顔も素性もある程度知ってる芸能人なら感情移入しやすいと。

そうか!
確かに知っている人の方が、共感や感情移入はしやすいですよね。


> 芸人のほうも私生活切り売りが仕事みたいなもんですから、そこは共依存なんでしょう。
> 僕もあまり興味はないのですが。。

芸人さん、良く芸のために割り切れるなと、いつもながら感心します。

私も、全く興味無いんです^^

Re: No title

煙々さん、コメントありがとうございます

> 私の身内は、初期癌で手術後大丈夫だと言われていたのが再発し、最後は脳転移まで。その後亡くなりました。あれを経験して思うは、人の病気による死は、面白おかしく報道する話じゃないと。
> 身内が報道しないでくれと言えば、それを守るくらい普通の話だと思っています。静かに故人を想い、そして気持ちの整理を、と。
>
> パパラッチと同じ。金に集るは、ハエと一緒と思っています。

最近の話題やドラマ、医療系ばかりに比重が置かれて
みんなおんなじ方向向いてるのって、面白くないんですよね^^
「そんなに他人の不幸は面白いのか!」
と思ってしまって。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

いろいろでセカンドライフ

Author:いろいろでセカンドライフ
FC2ブログへようこそ!

アクセスランキング