記事一覧

リボ払いを勧める文言に目まいがする

クレジット業界における主要な収益源に
リボ払いが位置していることは、皆さんご存じのとおりです。

ここ数年、リボ払いの広告多いですからね。
ネット上でも、カード関連はリボ払い推奨がすさまじいですよね。
キャンペーンでのポイントも多いし。
スマホ画面のような小さな画面だと、
間違ってリボ払いカードと契約してしまっても、気がつかないんじゃないかと思うことがあります。

ホント、スマホでのネット注文画面は、年寄りには見難くて困ります。
スマホで注文した後、PCで確認、なんてことやってますから。
この間も、見難いから間違った注文したばかりですし(恥ずかしながら、大豆の重量を見間違えましたよ)。

この記事も、カード会社の最近のリボ払い重視姿勢を記事にしています
なぜ「リボ払い専用カード」が増えているのか

カード会社はリボ払い専用カードの会員拡大のため、大手小売業者などと提携。優遇キャンペーンの目玉として、店頭販売やネット通販で使えるポイントの提供や利用時の還元強化を行い、加入促進を図っている。



あと、リボ払いを勧める、カード会社の、リボ払い紹介の文言が、もう、一方的んで、すさまじいですね。

ポイント○倍
年会費無料
キャンペーン○千円分
保険付きで事故や損害も安心
なんてのはどこにでも書いてあって。

面白い文言として
Q「使いすぎが心配なんです」に対して
A「利用枠が設定されていますので、使いすぎの心配はありません」なんて冗談みたいなことが、書いてある。
リボ払いで利用枠いっぱい、なんてどんな悪夢なんでしょう。

さらには
Q「返済が大変そう」、そりゃクレジット機能使ったら、支払いは大変になるよね、と思うんだけど
A「利用額や利用件数にかかわらず、リボ払いなら、支払い額が一定です」なんてことが堂々と書いてある
使えば使うだけ、支払い額が一定なら、支払う回数が増えるとか、支払期間中は高額が手数料がかかるから、支払う手数料額はうなぎのぼり、なんてことは、書いて無い。

「毎年使えば、よりお得です」
なんてことも書いてある。
要は毎年使うと、手数料がわずかに下がるから、前年よりは、お得ですよ、と言いたいらしいけど
年間17~18%なんて言う、住宅ローンの10倍を超えるような、あるいは銀行預金利率の数千倍の手数料
を払わせ続けておきながら、お得と言うのは、どんなブラックジョークなんだろう、と思ってしまいますよ。

リボ払いのネットページ全面に
「安心」「おトク」「スマート」「便利」と言った言葉が溢れていますから。

なんだか、悪の巣窟に足を踏み込んでしまったような幻想を抱いてしまいます。

ほら、よく言うでしょう
「善人は自分が善人であることを声高に叫ぶことは無いが
悪人ほど自分が善人であることを大声で叫ぶ。
ただ、悪人の現実の行動とその結果、およびその人の周囲を見ることで、
本質を知ることができる」
なんてことを。

だから、私のような天の邪鬼は、お得、便利、安心安全と繰り返し言われるほど
大変に損で、一度ハマると極めて不便な人生となり
大きな不安と危険が潜んでいる、と思っちゃうんですよね。

そう言えば、投資信託や生命保険、医療保険、各種投資手法の売り込みなどでも同じような文言が並んでいるよね。

私のような年寄りには、危なくて近寄れませんよ。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

天気予報


-天気予報コム- -FC2-