記事一覧

VIX、トレンドは株と債券の負の相関に寄与し、時間外取引は株の均質化に寄与する?

先日書いたブログ記事
株は日本株、債券は米国債券で良いのか
の中で

先進国株式市場においては分散効果が消失しているが、株価と国債価格は近年負の相関が見られる
東アジア株式市場においても急速に分散効果が低下している


と言うようなことを書きましたけど。

その中で、
先進国株式市場と債券市場における負の相関は、「VIX」と「トレンド」に大きく寄与しており
東アジアにおける分散効果消失は時間外取引において顕著に現れているようです。

私は、「VIX」や「トレンド」という言葉を聞くと、サーディンランとかサーディンボール、なんで物を思い浮かべるんです。
サーディンランとかサーディンボールと言うのは、ほかの魚の餌になってしまうようなイワシや小魚が巨大な群れを作って
肉食魚から身を守りながら、移動する姿ですよね。
数年前から、ダイバーの間では人気ですね。

みんな固まって、危険から避けようとする。
その逃げ惑う姿に、大自然の姿を見て感動する。
人間って、なんて傲慢な生き物なんでしょう。
まぁ、そんなことは置いといて。

固まりながらトレンド作りつつ、急激に恐怖スパイク、Uターンを見せて、方向転換し新たなトレンド形成する。
この急激な変化を生み出す姿が、負の相関も生み出しているんですね。
面白いです。

東アジア株式市場における時間外取引から始まった、東アジア株式市場の分散効果減少は、
時間外取引の言葉が示すように、市場の自由化とグローバル化が牽引して、分散効果を下げてきたわけです。
分散効果を目指した投資家の行動が、分散効果を消失させてきたんですね。
とても面白い。

近い将来には、VIXやトレンドが株と債券に負の相関を生み出すことを利用した取引も日常となり
ここも分散効果が減少して行くんでしょうか?


にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ
にほんブログ村




関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

いろいろでセカンドライフ

Author:いろいろでセカンドライフ
FC2ブログへようこそ!

アクセスランキング