記事一覧

株は日本株、債券は米国債券で良いのか

第1回GPIF Finance Awardsw受賞した「常識を揺さぶる投資理論」
この記事を読むと

先進国の株式市場の間では相互の依存関係が上昇しており、米、英、独、仏4カ国の市場をみた場合、1973年と2008年の比較では国際分散投資によるリスク低減効果が約20%下落し、分散投資の効果はほぼ消滅した。


コモディティ市場と株式市場の関連性は00年以降、大きく上昇し、分散投資効果が顕著に減少しています


日本国債が危険資産視されて分散投資効果が消える可能性を認める。


と言ったことが書かれています。

この方
年金運用に関する講演会-GPIF Finance Awardsにおいて
国際金融市場の関連性の変遷とその国際分散投資へのインプリケーションという講演を行っています。
この中で

国際株式市場の関連性は,特に主要な株式市場において,有意に上昇
近年,分散投資効果は顕著に減少し,リスクは上昇する傾向にある
分散投資により,リスクをコントロールするためには,より高度な資産運用が必要
単純に主要国の代表的な指数に投資するのではなく、業種や国などを吟味しながら投資することが重要


と述べており、先進国株式への分散投資の効果が限定的になっていると、言っています。
さらに

1990 年代には,株価と国債価格は同一方向に動く傾向にあったが,近年は逆方向に動く傾向

にあることを示し

株式と信用リスクの低い国債への投資は分散投資効果が非常に大きい

としています。
さらに、日本国債に関しては

質への逃避行動は,信用リスクが高い国においては,株価と国債価格を同時に下落させる


として、イタリア・ポルトガル・スペインのような信用リスクが高い国においては、株式と債券の相関に、正のトレンドが存在することを示し。
日本国債の信用リスクが高くなれば、同様に、株式と債券の相関に、正のトレンドが生じ、投資の分散効果が失われることを、警告しています。

この方、経済・ファイナンスデータの計量時系列分析という本を書いている人ですから
ファイナンスの世界的権威のようで、数式が並び、中学生レベルの頭しかない私には、理解できませんでした。

また、加えて、この方、東アジアの株式市場に関しても
東アジア株式市場の関連性の変遷~平滑推移相関モデルによる長期トレンド分析~という論文を発表されています。
この中で

東アジア株式市場においては,株式リターンと時間外リターンに関しては,分散投資効果が非常に小さくなってきていることがわかる.時間内リターンに関しては,それでもなお,多少の分散投資効果が存在するが,長期投資の観点からすると,取引時間だけに投資するというのは現実的ではない.

と書かれており、東アジアでも、株しいに関しては相関関係が増し、分散投資の効果が減少しているようです。

「平滑推移相関モデル」と言うのは、株式のように時系列で変化し、かつ金融政策などでルールが突然変化してしまうような世界をを滑らかな状態変化で示すことを念頭に考えられたモデルのようです。
何を言っているかわからないって、私もわかりませんよ><

いろいろ書きましたが
先進国への分散投資は、分散投資の効果が出ないんじゃないか。
信用リスクの低い国の債権への投資は、株式との負の相関が見られるから、分散投資の効果が期待できる。
ただし、日本国債は、将来信用リスクが高くなれば、株式と正の相関を示して、分散効果が無くなる。
と言うようなことを言いたいようです。

さらに、
現時点では、効果的な分散投資先がわかっていない。
一時的に、効果的な分散投資先が分かっても、
多量の資金の流入で飽和して、分散効果が薄れてしまう。
なんてことも言ってます。

と言うことで
私個人としては、先進国株式、投資するなら、わざわざ多くの国に投資しなくてもよいのかもしれない。
債権に投資するなら、日本以外の信用リスクの低い債券(米国債とか)に投資する。
相関リスクの低い投資先が見つかれば、投資を考える。
なんてことを、頭の片隅に置いておこうと思います。

もしかして
仮想通貨は、他の投資先と、もっとも相関が低かったりして^^

投資は自己責任です。
私んブログは、まったく参考になりません。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

コメント

No title

分散による相互のバランスは崩れているのかもしれませんね、今や株が下がるときは債券も下がるのだし。
しかしそういう意味では期待の高い株に一点集中でもいい気がしてきました、もともとそういう発想なので。

No title

最近あんまり真面目に見てませんけど、相関リスクの低い投資先なんて探せばあるんでしょうかねえ。

仮想通貨は手を出すのが怖いし、なかなか調査の気力がわきません。。

Re: No title

招き猫の右手さん、コメントありがとうございます

> 分散による相互のバランスは崩れているのかもしれませんね、今や株が下がるときは債券も下がるのだし。

講演内容によると、いまだ先進国リスクレベルの低い国の債権と、株式は、負の相関が見られているそうです。

> しかしそういう意味では期待の高い株に一点集中でもいい気がしてきました、もともとそういう発想なので。

おお、思い切りが良い^^
私の場合は、リカバーができない年齢になりつつあるので、思いきれません。

Re: No title

プライアさん、コメントありがとうございます

> 最近あんまり真面目に見てませんけど、相関リスクの低い投資先なんて探せばあるんでしょうかねえ。

あるんですけど、見つかるとすぐに、正の相関になって行く^^
私が知るのは、正の相関になってしまったあと。

>
> 仮想通貨は手を出すのが怖いし、なかなか調査の気力がわきません。。

仮想通貨、正の相関は無いかもしれないけど、
リスク高すぎる気がして、手は出ません。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

いろいろでセカンドライフ

Author:いろいろでセカンドライフ
FC2ブログへようこそ!

アクセスランキング