記事一覧

ボケて同じ話ばかり、それでも楽しませられるのか

アラ60となり、知的能力の低下が、はっきりとわかる今日この頃、
自分の話は、だいたい同じ話ばかりを繰り返しているなと、感じています。

同じ話ばかりを繰り返す、これって、繰り返してしまう当人も、結構つらいんですけど
聞かされる方は、もっと辛いんだろうなと、想像しているんです。
と言うより、私の場合は、自分の親に会うたびに、毎回同じ話を聞かされるので
同じ話を聞かされる、辛さと言うのは良くわかるのですけどね。

もちろん、同じ話を聞いても、毎回、新鮮な気持ちで聞いてあげて、上手に相槌を打って、
気持ちよく話していただく、と言うのは大事だと言うのは良くわかっているんですよ。
なんとかうまく、合いの手を入れて、異なる話に誘導しようとするけど、
どうやら、話の途中で、話の方向転換するのは
高齢の老人にとっては、極めて高度なテクニックのようで、
多くの場合は、決まった結論に当たるするまで、同じ話が続くんですけどね。
そこから、途切れなく、次の話に移行するのも、いつものパターンなのですけどね。


【落語のナゾ】なぜ同じ話を何度聞いても面白いのか? 三遊亭円歌が体現した「芸の真髄」
同じ話をしてしまうんなら、同じ話を楽しく聞かせたいなとおもんですよ。

この記事の中に、何度聞いても、客を楽しませる真髄が書かれているのじゃないかと思ったけど
そんな「芸の神髄」が、簡単な記事に書いているわけもなく。

でも確かに、落語家って言うのは、持ちネタの話を、常日ごろ話しているわけで
人気の落語家になると、たぶん、同じ話を何度も何度も高座で話しているんですね。
それなのに、何度聞いても面白い。
不思議なんですよね。

私自身、最近はあまり聞かないんですけど
以前は良く落語聞いていました、録画した落語番組を何度も見たりしたものです。

滝田ゆう落語劇場なども、繰り返し繰り返し、読んだものです。
漫画になっても面白い、それを繰り返し読んでも面白い、
落語って何なんだろう、でも面白い。

ボケてきた、私の話も、落語のように
繰り返し聞かせても、相手が面白い、と思ってくれるのだろうか。
落語家の神髄を理解しないと、ダメなんだろうなぁ。

この先、高い確率で、私は知的能力がさらに低下して、
毎日毎日、今以上に、同じ話を繰り返し話すようになるはず。
今から、少しでも、落語の神髄に近づいて、
私の何度も繰り返す話を聞かされることが、苦痛にならないようにしたいなと
思うんですよね。



にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

コメント

No title

その話は何回も聞いたと息子から言われます。
あ・・・何回も同じことを言ってるんですw
せめて、落語家さんのよう面白いと思わせる話しをしたいですが、これってとても、難しいです。
何回も言わないようにするほうが簡単かも。

Re: No title

祝詞婆さん、コメントありがとうございます

> その話は何回も聞いたと息子から言われます。

私もそろそろ、息子からダメだしされそうで怖いんですよ^^

> あ・・・何回も同じことを言ってるんですw
> せめて、落語家さんのよう面白いと思わせる話しをしたいですが、これってとても、難しいです。
> 何回も言わないようにするほうが簡単かも。

そうか、言わないというてもありましたね。
私、性格的に、ほかの人と一緒にいると
何か話さないと失礼なんじゃないかと思ってしまって
ついつい、話そうとしてしまうんです。
それも、ほかの人といるのが苦痛の原因なんですよねww

沈黙は金ですから。
話さないでもいられるようにしないと。

コメントの投稿

非公開コメント

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

アクセスランキング