記事一覧

河川が殺風景なのは、国民の暇の問題よりも、流量や傾斜、洪水の問題じゃないかな

なぜ日本の河川はやたらと殺風景なのか
の記事の中で、
セーヌ川やライン川と対比して、日本の河川流域の河川の水辺の使い方への提言が書かれているんですけど。

セーヌ川やライン川と、日本の利根川などを一緒にしちゃって良いんだろうか、なんてことが頭をよぎりました。


最近の洪水事例と対策等について-ヨーロッパの洪水災害情報を含めて-によると
確か、ヨーロッパにおいて、日本と同様の洪水の発生確率は数百分の一ぐらいの低い確率だったと思うし、

短くて流れが急な日本の川にも書いてあるし、学校でも聞いた記憶があるけど

明治時代、常願寺川の工事のために派遣されたオランダ人技師デ・レーケが、
「これは川ではない。滝である。」と言ったと伝えられているぐらい、
ヨーロッパの川に比べて、長さが短く流れが急です。

加えて、降水量が倍近くあり、豪雨の確率もはるかに高い。
さらに、河川流域に多くの人間が住んでいて、面積的に余裕を持った開発がやり難い、なんて言う制約があります。

河川流域に親水公園作って、バーベキューやキャンプ場たくさん作っても良いけど、
当然、災害の発生率は、ヨーロッパとは比較にならないぐらい高い頻度で生じるんじゃないでしょうか。

場所を選んで、安全域を見込んでの整備は、どんどん進めて良いと思うけど
人的災害は当然、ある程度の確率で発生するわけで
その時、批判を受ける側の自治体は、
親水公園整備には、よほどの安全を見込めないと、及び腰になるんじゃないかな。

あと、釣りに関して、私の家の近くの運河でも
多くの人が釣りしているけど、釣り糸とか針を平気で捨てていくんだよね
あれすごく危ない。
子供を遊ばせるのにとっても危険。

根がかりして仕方なしに糸を切った、ならまぁ仕方ないけど。
マナーがわからないなら、釣りしないでほしいんですよ。

リスクを認識して、人的災害発生の時は、
自己責任も念頭に置けるぐらいの心構えが共通認識にならないと
ヨーロッパ並みの親水公園整備って、なかなか困難かも。
あと当然維持管理には、ヨーロッパにおけるよりもはるかに多くの費用が常時発生するのは
わかりきっていますよね。
だって、豪雨や洪水とか台風、高潮の被害が、当たり前に発生するだろう河川沿岸の開発するんだから
当然だよね。
誰がそれ負担するのか知らんけど。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

いろいろでセカンドライフ

Author:いろいろでセカンドライフ
FC2ブログへようこそ!

アクセスランキング