記事一覧

お金のたまらない原因は、専業主婦(夫)のお小遣いと言うより、専業主婦(夫)そのものだと思う

日本では100年ほど前に誕生した、
近代になって出現した専業主婦(夫)なんですけど、
明治のころまではほとんど存在していなかったんですよね。

サラリーマンと言うものが日本で生まれて、労働時間が長くなり、
けど給与がそれほど高く無かった(高くないと言っても、高給取りではあったんだけど)時代に、
家に係る労働を分業して行うクラスとして誕生したのが日本の専業主婦ですよね。

戦後も、企業戦士(死語ですね)を生み出すために、専業主婦も活躍しました。

この、専業主婦(主夫を含む)が絶滅危惧種になり始めているようですね。とはいっても、まだまだ総数は多いんですけど。
共働き世帯数の推移


そんな専業主婦が出てきた記事がありました。
お金が貯まらない原因は専業主婦妻の小遣いが無いせいだった!

明治安田生命が実施した「家計に関するアンケート調査」によりますと、今年、20~50代の小遣い額が男女ともに昨年より下がり、男性が3万1764円、女性が1万8424円となりました。

 女性の中には小遣いをもらっていない人も多く、15.7%もいました。希望の小遣い額を聞いてみると、「なしでいい」という女性はわずか5.3%しかおらず、小遣いをもらっていない人の多くが、「自由に使える小遣いがほしい」と思っていることが分かる結果となりました。


お小遣いの無い女性がいるんですね、いったい自分が必要なものはどうしているんだろう?

自分のために「1円も使っていない」のではなく、その支出を「家計」の中に含めていて、自分に必要なものはきちんと買っているのです。つまり家計には、「妻の隠れ小遣い」いわゆる「妻費」相当額が含まれているといえます。

と言う感じで、小遣いじゃないけど、自由に使うお金があるんですね。

この「妻費」が多くなると、お金が貯まらない原因だから
「妻費」を明確にして「お小遣い」にすることで、やりくりして、お金貯めましょう、と言う流れになってます。

私は、すでに、世界は、専業主婦(主夫)を許せる状況ではなくなっていると、個人的には思っているんです。
これは、経済的な問題からばかりでなく、
結婚に対する女性自身の意識、および男性の意識、の問題も含みます。
さらに、人生の生き方への考え方も、大きく変容していますから。
専業主婦が許される状況ではなくなっているのでしょう。

もっとも、高給取りの夫の元(妻の元)、専業主婦(主夫)になりたい、と思う、女性(男性)が結構高い確率でいらっしゃるのも事実なんでせけどね。

ソニー生命保険株式会社の
女性の活躍に関する意識調査2017を見ると
2017年6月働く女性の意識
このデータは有職女性に聞いた結果なんですけど、これによると
実に約4割の女性が専業主婦になりたいと答えています(本当は専業主婦になりたい。非常にそう思う15.9%、ややそう思う23.3%)。
専業主婦人気ですね。

ただ、現実的には
20代から30代の方々のうち、高給取りと思われる、年収1000万円以上の方の割合を見ると
20代では1%もいらっしゃらない、
30代でやっと1%を超えるんですよ。
DUDAの平均年収ランキング年齢別より
これじゃ、専業主婦(主夫)になりたくても、なれる人僅かですよね。

貧しくてもいい、専業主婦(主夫)になれるなら、という考えなら、行けるかもしれないけど、
結婚相手が嫌がるかも。

我が家の場合、
私はセミリタイア、妻は働いています。
生活費は私の給与から出して、妻への小遣いはありません。
妻の小遣いは、妻の給与から出してもらってます。

ですから、妻の小遣いがいくらなのか、全く知りません。

でも、貯金できます。
やっぱり、共働き(2馬力)は強いですよ。

お金が貯まらないなら、専業主婦止めて、共働きにすることが、もっとも良い解決法だと思うんですよね。

とはいっても
専業主婦の年金問題や、男女間給与格差、配偶者控除、子育て、介護
などなどの問題もありますから。

専業主婦廃止すりゃ良い、と言うだけでは無いと思うんですけどね。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

コメント

No title

妻費なんて隠れ要素があるんですね。っていうかそんなのも明確になってない時点でその家庭は本気で金貯める気ないし、そりゃ貯まらんでしょw

家計を把握してるのが妻側だけで、妻は小遣いより妻費の方がいいだろうから、夫が把握しようとしたら領域侵犯とばかりに全力で拒否しそう。

Re: No title

プライアさん、コメントありがとうございます

> 妻費なんて隠れ要素があるんですね。っていうかそんなのも明確になってない時点でその家庭は本気で金貯める気ないし、そりゃ貯まらんでしょw
>

妻費があるなら、夫費もたくさんほしいよね^^
とは言え、自分にはいらないけど

> 家計を把握してるのが妻側だけで、妻は小遣いより妻費の方がいいだろうから、夫が把握しようとしたら領域侵犯とばかりに全力で拒否しそう。

それって、夫は奴隷なんじゃないかな?
お互い夫婦なら、イーブンで行かないと

No title

専業主婦は昔からの制度だから、とたまに勘違いしている人がいますが、おっしゃる通り、これは近代に入ってから高度経済成長を支える仕組みとして作ったもので、本来は男も女もどこかしらで働いていたわけです。
でないと普通に家計が成り立たないのは当然ですよね。

Re: No title

招き猫の右手さん、コメントありがとうございます

> 専業主婦は昔からの制度だから、とたまに勘違いしている人がいますが、おっしゃる通り、これは近代に入ってから高度経済成長を支える仕組みとして作ったもので、本来は男も女もどこかしらで働いていたわけです。
> でないと普通に家計が成り立たないのは当然ですよね。

そうなんですよね。
専業主婦なんて、贅沢な制度
ごく最近できたんですよね。
夫を年中働かせるための、人質みたいなもんですよね。
いつまでも続くわけ無いだろうと思うんですよwww

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

いろいろでセカンドライフ

Author:いろいろでセカンドライフ
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

アクセスランキング