記事一覧

近頃、内向的人間には生き辛い

私が子供のころ、「書を捨てて、街に出よう」と言うような本がありました。
読んだことは無いけど、有名な本らしいです。

読んでもいないのに内容に関して書くのは申し訳ないんだけど、
書物から得られた知識だけでなく、実社会の中で経験を積みつつ、書物からの知識も得よう、
的な本なんじゃないかと推察しています。

ほら、頭の知識一辺倒じゃ酷く偏るし、実践や経験だけじゃ知識量が圧倒的に不足するでしょ。
個人的には、
両者(知識と実践)が両輪となって初めて、人生はよりよい物になる、
なんていうのが一般的に価値ある人生に対する共有価値観
なんじゃないかと思っているんですよ。

今どきだと、「スマホを捨てて、人と向き合おう」なんて感じなのかもしれませんね

隣でずっとスマホいじるパートナー あなたは許せる? イマドキの正しい対応は?
この記事書かれた方は、
スマホ画面ばかり見て、パートナーと向き合わないカップルの姿が正常な姿と考えられ始めている、現在の世の中の価値観に、それって違うんじゃないの?
と言っています。

記事の最後に書かれている

家電量販店で見た「無表情な彼」の姿が再びよみがえる。あの若者をどう理解したらよいのだろうか。


この「無表情な彼」と言う書き方が、いかにも、思考誘導的で、個人的には面白い。

まさにこの記事でも
バーチャルの世界(前述した書の世界ですね)ばかりではなく、現実の世界(前述の実社会における経験ですね)で生きなさい。
的なことを言っているんでしょうね。

外向型の人間は、生身の人間との接触からエネルギーを得られるタイプのようなので
まさに、書の世界とか、スマホの世界、だけでは、生きるのは厳しいんでしょうね。


ただ私のような内向型の人間には、人との接触は極めて大きなストレスになります。

内向型人間が自覚すべき、ストレスを感じる10のポイント
の中に
内向型人間の典型的な弱みを10項目が書かれています。

(1):不安をかかえやすい
(2):細かいことにこだわる
(3):繊細すぎる
(4):受け身になる
(5):嫌なことから逃げる
(6):頭でっかち
(7):自己否定する
(8):柔軟性に欠ける
(9):人付き合いを避ける
(10):争うのがこわい


これって、そのまま私に当てはまります。
人との会話はそのまま、私の心を結構抉ります。
素直なことを言えば、ただ人と向かい合っているだけで、大きなストレスなんですよね。


ネガティブになりがちな内向型人間にも、10の強みがある
内向型人間の典型的な強みの10項目は

(1):慎重である
(2):本質的なものを見出す
(3):集中力がある
(4):人の話を聞くことができる
(5):落ち着いている
(6):優れた分析力をもつ
(7):自立している
(8):辛抱強い
(9):書くことが(話すことより)得意
(10):人の気持ちがわかる


この中に書かれている
「落ち着いている」、
に関しては、私なんかは、
人といるときは逃げ出したいのに
脂汗かきながら、必死に「落ち着いている」ように見せかけているだけですね。

「辛抱強い」なんてことは強みでも何でもなくて、
辛抱する以外自分を表現しようがないから辛抱しているだけで(自己の表現が下手なんですよ)
この辛抱が破綻した時は、
回復不能なほどのダメージ受けている状態なんですよね。

「人の気持ちがわかる」
なんて、私にとって、苦痛以外の何物でもない。
だから、テレビなんていう、ヒトの感情をリアルタイムで、拡大してあからさまに強烈に表現する情報媒体は
とてもじゃないけど、見続けられません。

まぁ、ネットも似たようなものだけど
動画や音声情報を遮断しておいて、文字情報や画像で見るだけなら、
情報遮断し易いので、
情報取得を継続し易いんですよね。

長い人の歴史の中で、
やっと、情報取得方法の選択巾が広くなり、生き方の多様性が選べるようになったんだけど
その選択幅や多様性には、実戦や経験を取り入れないとダメじゃないのと言われちゃうと
内向的な人間には、辛いんですよね。

スマホ画面を通すことで
なんとか、人と接することができる人も結構いるんじゃないかと思うんです。

余り、
人脈とか絆とか、つながりとか
コミュニケーション力をつけろとか
友達を持てとか
言われちゃうと、
生きるのイヤになるんですよね。

多様性が許されるなら、多様性の一部だけを都合よく利用できても良いんじゃないかと思うんです。
多様性の全部を使えと言われても、辛いだけです。
まぁ、アクティブで欲張りな人は、使えるものは全部使わないと気が済まないし、
他の人間にも多様性を消費させないと自分のビジネスチャンスが失われ
自分の価値観の拡大が防がれるから、ドンドン消費勧めるんだろうけど。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ
にほんブログ村



関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

いろいろでセカンドライフ

Author:いろいろでセカンドライフ
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

アクセスランキング