記事一覧

あえてガラパゴスを選ぶ

やっぱ、自分は日本人なんだなと思う、お話でした。

G7の中間層が20年間全く豊かにならなかったことが世界を変えた
この記事、面白いお話が詰まっていましたよ^^

1950年代の識字率、読み書きそろばんの初等中等教育を受けた人の人口全体に占める割合は50%だったことです。30億人×50%だから15億人。この人たちはどこにいたか? ほとんどすべてがG7、つまり日、英、仏、独、アメリカにいたのです。(中略)ところが2000年になって人口は60億人にもなりましたが、2000年の世界中の識字率は85%。増えた分は、ほとんど全て新興国にいます。


まさに教育が、富を生み出す下地を作ったのですね。
と言うより、先進国(死語ですね)が新興国に教育や工業化を許さざるを得ない状況に、なったのですね。

このように、新興国の教育水準が上がったことで、
人材の供給が可能となり、工場のグローバルな分散が起こり
先進国では「エレファントカーブ」と呼ばれるように

先進国の中間層の所得が最も伸び悩み、ないしは下がっている


のですね。

これはG7共通のお話ですけど、なかでも日本が特にひどい。

さらに、より長期に経済の歴史を見ると

世界全体のGDPを100としたとき、紀元1000年の中国のGDPは23、インドが29、合わせて52なのです。地球上の5割のGDPをインドと中国が占めていた。ところが1950年になると、中国が5、インドが14、2000年になると中国が12、インド5。今は足して2割程度ということです。

 これは中国、インドが植民地時代に徹底的に収奪されたからなのですが、最大の収奪は工業化を許されなかったことなのですね。


この意識が、今の中国やインドの強烈な「ルサンチマン」であり、コンプレックスを抱えた大国意識につながっているらしい。
また、イスラム教圏の人間が、過去の文明度を誇るのも、この流れのようです。

でも、この「ルサンチマン」という心理は、中国やインド周辺国においては常に
中国やインドに対する、強い「ルサンチマン」が貯まり続けている、ということにもなりますね。
さらに、昔イスラム教圏が文明大国であった時代の周辺国の心理には「ルサンチマン」があったはずですね。

日本でも中国やインドに対する強い憧れと、怖れを1000年以上にわたって持ち続けてきました。
これは、日本に残る、文物に極めて強烈に反映されています。

周辺国にとって、巨大な国は恒常的にストレスを与えられ続けられる原因なわけです。
最近なら、アメリカに対する、メキシコやキューバみたいなものですね。

これ、一つの国内でも起こりますよ。
たとえば、政治においては、強大な与党と弱小野党の関係とか
大企業と系列零細企業とかの関係とか
ただ、力関係の非対称性が余りにも巨大すぎると、「ルサンチマン」の状態を無意識に無視しますけどね^^;

将来はおそらくG3、アメリカ、中国、インド、あるいは、今後崩壊しなければEUも加えてG4とか。3つか4つの大国グループで、地球をガバナンスするという時代が来ると、私は思っています、しかし、そこに落ち着くまで、これから数十年の間は世界中が地政学リスクにさらされることは間違いありません」


そんな時代になると、日本はこれまで常にそうであったように、辺境の小さな国になるのですね。
まさに、ガラパゴスになるのです。

でも、そんな世界、個人的にはとっても好きなんです。
なんしろ、セミリタイヤした自分に似ているんじゃないかと思えるんですよね。

この記事の中でも

帝国の辺境にある国は、そういう争いの中から出てきたものを、どんどん取り込んでイノベーションを起こして平気で新しい社会を作っていく。


帝国にならないことを選ぶことで、日本はこれから面白い生き方ができるかもしれないということです。


と書いてあります。
何も、道を進むのに、王道を進む必要は無いと思うんです。
他人と違う道を行けばよいと思うんです。
人の少ない、裏道を。

ただ、将来的にG3とかG4に落ち着く前に、大きな紛争が起きる可能性はあります。
何しろ、これまでの歴史の転換点では、ほぼ必ず大きな戦争が起きてますから。

そんな時、日本は、
大国同士のエゴの狭間で、代理の犠牲として、すり潰されないようにしてほしいんですよね。

ほら、日本人ってすぐに調子に乗るじゃないですか。
本音と建前の使い分けが世界一下手糞だし。
契約や約束は一生懸命守ろうとしちゃうし。
真面目だし。
報恩感謝なんて教育を素直に信じてます。
外交なんて言葉の意味を全く理解していない人ばかりだし。
善意という言葉にすぐに流されやすくて、善意をまとった悪意に気がつきにくいし。
オレオレ詐欺なんて成り立つの、日本ぐらいでしょ。

なんだか書いていて、自分は、やっぱり日本人なんだなと
なんだか、目から汗が出てきましたよ。

ガラパゴスへの道を選択するのも、悪くないんじゃないかと思うんですよね。



にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

いろいろでセカンドライフ

Author:いろいろでセカンドライフ
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

アクセスランキング