記事一覧

平均的生活しようと思うと、平均的な公的年金では生活できないし、将来はさらに厳しくなる

今の日本において、平均的な生活送ろうと思うと、公的年金だけで生活することは無理である。
そして、
平均的生活にかかる支出額と年金受給額の不均衡は将来的には、さらに厳しくなる。
と言うことは、セミリタイヤブログの皆さまはすでにご存じのことと思います。

今回は、もう一度、将来的には公的年金の環境は厳しくなる一方である
と言う現実を、過去のデータから再確認しようと思い書いています。

こんな記事がありました
65歳以降「年金だけでは暮らせない」という現実
この記事書かれた方は
● 年金生活の赤字は 毎年のように拡大している
として
家計調査年報における「高齢無職夫婦(夫65歳以上、妻60歳以上)の家計収支」の過去データを基にして

2010年の年間収支は、約49万円の赤字。年々赤字額は増え、2015年にはなんとマイナス75万円まで拡大している!


年間収支は、2016年がマイナス66万円に対し、1994年はマイナス15万円で済んでいる。

赤字額が少ない要因は、次の2つ。
.
(1)年金収入が2016年より21万円多い
(2)消費支出は16万円、税金・社会保険料ともに今より15万円少ない


と言うことを述べ
老後資金の準備資金額の目安として

【老後資金の目安=下記AとBの合計額】
 A.65~90歳までの25年間の「年間収支の赤字」の合計額
 B.病気の備えや住宅の修繕費、車の買い換え費用などの数年に1回の「特別支出」


の考え方を書いています。

記事に書かれているように
2016年の収支が66万円の赤字なら、25年間で1650万円の赤字額となり
準備資金額は「1650+特別支出額」となるわけです。

その資金額を準備できない場合は
老後の支出額を減らすか
老後の収入を増やすしかありません。

何しろ、将来年金の受給額が増える要因はありませんから。

たとえば、
平成10年度社会保険事業の概況 公的年金制度の概況
平成27年度厚生年金保険・国民年金事業の概況
を見てみると。


平成6年度の公的年金受給者総数は実時給者数が不明のため
基礎年金番号により実受給者数がわかる平成9年度の公的年金の実受給者数を見てみると2627万人であり
平成6年度の公的年金受給者の年金総額が29兆6490億円となります。

それが
平成27年度の公的年金受給者総数は重複のない実受給権者数として4025万人となり
平成9年度の実に1.53倍となっています。
この間、年金支給開始年齢の繰り下げ措置がとられているにもかかわらず激増しているのです。
平成27年度の公的年金受給者の年金総額は54兆5504億円です。
金額としては平成6年度の実に1.84倍に膨れ上がっています。


それに対して
日本の名目GDPは
平成6年(1994年)は501兆5370億円
平成27年(2015年)は530兆4650億円
と1.06倍にしか、増えていません。
実質GDPは
平成6年が425兆4340億円
平成27年が516兆6350億円
ですから、1.21倍になってます。
いやぁ、やっぱりデフレだったんですね。

次に
平成9年度の「公的年金各制度の財政収支状況」
平成26年度の「公的年金各制度の財政収支状況」
を見てみると

平成9年度の公的年金保険料収入の総額は27兆1397億円、収入総額は49兆4250億円
平成26年度の公的年金保険料収入の総額は32兆5640億円、収入総額は53兆4197億円
となっているんです。
保険料収入よりも、収入総額が20兆円以上増えているんですね。
実は、国庫負担等(税金)と、運用収入でこの20兆円の多くの部分を賄っているわけです。

経済的な成長は無いのに
公的年金額は急激に成長している
それを賄っているのは、税金および運用益
という構図ですね。

これでは、将来、公的年金額の受給額が増える見込みはありません。

ついでに、
少し古いデータですけど
公的年金の
被保険者数、受給者数の見通し
を見てみると2010年ごろから公的年金の被保険者数の減少が始まっています。
しかし、公的年金の受給者数に関しては2040~2050年ぐらいまでは増え続けるんですね。

なかなか興味深い推計です。

最後に私の、公的年金不足への対処法は以下の三つ

公的年金繰下げ受給をする
夫婦で公的年金をもらう
平均的な生活は目指さない(支出を切り詰めること)


資産運用は、対処法に入れていません。
なぜって、資産運用がどうなるかなんて、誰もわかりませんから^^;
でも、それ言ったら
公的年金の繰下げ受給や
公的年金そのものがどうなるかなんてわからないんですよね
でも、私のような凡人による資産運用よりはリスク少ないのかもしれません。
とは言え、
当然ですけど、資産運用は続けますよ。
もしかして、うまくいくかもしれないでしょう。

投資は自己責任です。
このブログは、まったく参考になりません。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ
にほんブログ村




関連記事
スポンサーサイト

コメント

No title

就労もしてないのに毎月赤字続きって、コイツら何考えてんの?なーんて普通に思ってしまいました。

よく考えたら貯蓄ある人の老後って赤字が普通なんですね。でも貯蓄がジリジリ減って行く生活なんて私には怖くて到底できませんわ。

Re: No title

プライアさん、コメントありがとうございます

> 就労もしてないのに毎月赤字続きって、コイツら何考えてんの?なーんて普通に思ってしまいました。
>

働かなくて黒字なら、私ゃ働かないことを選択します^^

> よく考えたら貯蓄ある人の老後って赤字が普通なんですね。でも貯蓄がジリジリ減って行く生活なんて私には怖くて到底できませんわ。

私自身、セミリタイアから完全リタイヤになると、年金を受給するまでの間、貯蓄を減らす生活になります。
それが怖くて、ダラダラと僅かでも働いているのかもしれません。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

いろいろでセカンドライフ

Author:いろいろでセカンドライフ
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

アクセスランキング