記事一覧

人生前半はとってもうまく行っていたようです、でも、私なら人生後半がうまく行った方が良いかも

人生、
前半が楽しいほうが良いですか、それとも
後半が楽しいほうが良いですか?

人生の前半は、自分の努力もさることながら、生まれた国や家庭さらには自分の外見、と言った、
自分ではどうしようもない要素で大きく左右されちゃうことが多いですよね。

先進国で経済的に裕福で、子供への時間や教育、お金、愛情と言った投資を積極的に行う環境下に生まれて、
人種的な利点があり、さらには外見に恵まれていると、
人生の前半において、極めて大きなアドバンテージが与えられますね。
私の場合は、生まれたころは敗戦からやっと復興したころで、まだまだ先進国で無かったし、経済的にも裕福とは言えず、
外見に至っては、並み以下でしたよ。

それに比べ、この方は、人生の前半は、極めてうまく行っており、思い通りに生きれたようですね。

一流大卒「官僚の元妻」が貧困に苦しむワケ

この連載では、女性、特に単身女性と母子家庭の貧困問題を考えるため、「総論」ではなく「個人の物語」に焦点を当てて紹介している。個々の生活をつぶさに見ることによって、真実がわかると考えているからだ。
今回紹介するのは、一流大学卒でキャリア官僚元夫人という経歴をもつ55歳の女性。彼女は離婚を機に貧困に陥った。


この女性(今55歳)の略歴を、記事の中からまとめてみると

裕福な家庭に生まれ、甘やかされて育つ(記事内に「甘やかされて育った」と書いてあるんです。)
        ↓
一流大学に進学、英検一級
        ↓
大学卒業後、就職、数年して結婚、結婚相手は大学の同級生で中央官庁のキャリア官僚(年収2000万以上)
        ↓
28歳で長女、32歳で長男出産
        ↓
夫の海外赴任決定に伴い、会社退職
        ↓
母親の癌発症、海外と日本を行き来しつつ、母の治療で先端医療(1000~1500万円)
        ↓
40歳、母が亡くなり、離婚、長男と帰国、シングルマザーへ
        ↓
前の職場に復職するも、2年で退職、
        ↓
50歳過ぎ、息子は奨学金で大学へ、その後息子とも娘とも絶縁状態

40歳ぐらいまでは、自分の思い通りに生きたのではないでしょうか。
お母様にも、夫の稼いだお金で、ではありますが、精一杯の治療をさせてあげられましたし。
でも、この方はそうは思っていらっしゃらないようです。

「人生、何もかも、うまくいきません……」

と書かれていますから。

まぁ、確かに、その後の人生の見込みが、ご本人の予想とはずいぶん異なってしまったようです。
それも仕方ないと思えるんです。
たとえ、キャリアとして、一流大学出ていても、英検一級あっても、20年前のこと言われても、
採用側では困りますよね。
もしかして、2~3年ごとに英検一級は受け直しているのかな、
それであったらキャリアとして認められるかも(個人的には、いまさら英検受けるなら、TOEFL受けたほうが良いと思うけど)。

え!私ですか?
私は、英検特急ですよ。
そんな級は無いって!
ゴメンナサイ、ウソつきました。5級です><

たとえば、近所のスーパーのレジを募集していて、
その履歴書に、
「一流大学卒+英検一級+海外経験あり」
と書かれていても、近所のスーパーの採用担当者
「だからどうしろと?」
となりまして、レジ係の採用においては、マイナス要因になるかも。

グローバルな人材求める会社でも、現役でグローバルしている人を優先しますし。

う~~ん、そのキャリア、就活の段階では、まずは頭から排除しておいてもよいかも、
そして、入職後は、さりげなくアピールしても良いかも。
お店で困っている、海外の方の案内、誘導、商品紹介なんて、良いアピールポイントですよ。
さらには、海外からの研修生との仲介とか。
お店で、必要不可欠の人材にすぐになるかもね。
何しろ、若いお姉ちゃんより、おばちゃんの方が、安心感ありますから。

この方、今55歳ですから、後30~40年ほどの人生があります。
年金は支払っているんでしょうか?
離婚後、年金を支払っていないなら、年金受給額は極めて少額となります。
将来、高い可能性として、生活保護受給となるのでしょう。
幸い、現在は住む場所が確保されているようですので、生活保護の申請を考えられた方が良いかもです。

少し前に書いたけど
定年後は「三悪行」に走らないためには、メンツもプライドも捨てて働け、ということか
プライドもメンツも捨てて働くなら、今どきは、人手不足の職域が結構あります。
真剣にプライドもメンツも捨てて働く気があるなら、働く場所は性別や年齢によらず多いですよ(特に70歳以下なら)。

それでも、既定の収入に達しないなら、生活保護は積極的に利用すべきですよね。

私、個人的には、人生前半は余りうまくいかなくても我慢できますけど、
人生後半は、うまく、気ままに、自由に、生きて行きたいと思っています。
その点では、今の自分の人生は、ほぼ、100点満点では無いかと自負しています。

この方も、過去は良い思い出として、早く、これからの人生
再度、歩きだしてほしいんですよね。
だって、まだまだ長い人生ですから
余りにももったいない。

生活保護だって良いじゃないですか、
「一流大学+英検一級で生活保護」、
「キャリア官僚夫人からの転落人生」
どれも強烈なブログ書けますよ。
アクセス稼げそうです。
ネット収入になりますよ。

人生の後半も、楽しい人生にしましょうよ。
お願いします。

う~~ん、ベーシックインカムほしいなぁ。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

いろいろでセカンドライフ

Author:いろいろでセカンドライフ
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

アクセスランキング