記事一覧

確率100%のリスクに対して、自分で対処できないんですよ

危機管理とか、リスクマネジメントが流行り言葉のようにどこでも言われるようになりましたね。

資産のリスクマネジメント
老後のリスクマネジメント
人生のリスクマネジメント
なんてことをしょっちゅう、耳にします。
まぁ、私の場合は、耳にするというより、ネットで目にすると言う方が正しいかな。


人生には様々なリスクがありますけど
私自身のことで、これから出会う可能性のあるリスクを思いつくまま書いていくと
死(自分自身あるいは家族)・長生き・病気・事故や怪我・自然災害・犯罪の被害者あるいは冤罪・破産・借金・離婚・戦争・国家破綻、なんて物なんでしょうか

そして、この中で、100%の確率で発生するリスクは、自分の死です。
これは、すべての生命に共通してますよね。

個人的には、この自分自身の死がもっともリスクマネジメントしておきたい問題なんです。
ところが、この自分の死、に対しては、もっともリスクマネジメントがやり難い部分でもあるんです。

自分自身の死に関連する事項としては、自分自身の老後という問題があります
この、自分自身の老後に関する諸リスクに対するマネジメントとして、
たとえば、私自身の老後のおカネ・介護・認知症のリスクなどが考えられます。

老後のおカネに対しては、現状でほぼ問題ない状況にあります(国家破たんとか戦争になったらわからんけど)。
私自身の介護・認知症に関しては、家族に対する負担強度が強くなるようなら、
躊躇わずに、介護付きの民間の老人ホーム(看取りまで行う施設)への入所をできるだけ早急に行うようにしてもらう予定です
また、自分自身の死に対しても、家族葬などでとにかく質素で簡単にお願いしたいと言ってます。

ただ、100%の確率で起こる、自分自身の死に対して、
全てが他人(自分以外の人)任せになってしまうことが、最大のリスクじゃないかと思うんです。

なんで、確実に起こる自分自身の死に対して、自分自身で対処できないんでしょう?
不思議でなりません。
まだ体と頭がまともに動く間に、自分自身の意思で
自分自身の死と死後の肉体の処置を自由に選択できるようにしてほしいんですよね。

長生きしたいわけでもないし、贅沢して知らない世界を経験したり新たな体験を増やしたり、未知の食べ物を食べたいわけでも美味を追求したいわけでもない。
多額の他人様の資源である医療費を使って、生き続けたいなんて全く思わない。
ただ、淡々と、今の生活を続けて、体や頭の自由が効かなくなった時
早めに自分自身で対処したいだけなんですよね。

まさに、当たり前のリスクマネジメントだと思うんだけど
それが、できない。
なんでなの?

「安楽死」というより
「当然死」
を求めたいんですよね。

生まれることを選択できなかったんだから
死ぬことぐらい選択させてくれてもいいんじゃないかと思います。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

コメント

No title

制度として作っていくことは私も必要だと思います。

ただし、制度化するとなるとこの手の決定が死の選択までを扱うことになり、人に与える影響からかなりエグイ精神的に追い詰める内容になって、普通の人だとウツや精神崩壊するかもです。

簡単に言うと、「想像」レベルでの将来判断になってしまいますから当事者意識が浅い可能性も問題だと思います。

想像では「そうなったら死にたい」と思っても「認知症テスト」をするたびに安楽死するかどうかを見極める訳ですから、最初の選択よりも実際に直面することで精神的ストレスも大きくなるでしょう。

医師や心理士なども不慣れなこともあり、対象者は余計にストレスを大きく受けますから、末期がんなどに限定されると想像されます。

Re: No title

Colorless Freedomさん、コメントありがとうございます

> 制度として作っていくことは私も必要だと思います。
>
> ただし、制度化するとなるとこの手の決定が死の選択までを扱うことになり、人に与える影響からかなりエグイ精神的に追い詰める内容になって、普通の人だとウツや精神崩壊するかもです。
>
> 簡単に言うと、「想像」レベルでの将来判断になってしまいますから当事者意識が浅い可能性も問題だと思います。
>
> 想像では「そうなったら死にたい」と思っても「認知症テスト」をするたびに安楽死するかどうかを見極める訳ですから、最初の選択よりも実際に直面することで精神的ストレスも大きくなるでしょう。
>
> 医師や心理士なども不慣れなこともあり、対象者は余計にストレスを大きく受けますから、末期がんなどに限定されると想像されます。


これって、結構時間かかるでしょうね。
何しろ、人間の寿命が、急激に伸びすぎましたから。
ほとんどの生命においては、平均寿命はゼロに近いのが自然の姿なのに
生まれた命のほとんどが生かされてしまう状態ですから。

人の作りだした世界は、ほとんどすべてが自然とはかけ離れた
人為的に作り出した価値観で判断しなけれりゃならないものばかりですから
まさに自己中(人間中心)の世界ですから。

どのあたりが崩壊点なのか、大変興味深く観察させていただいています^^;



コメントの投稿

非公開コメント

天気予報


-天気予報コム- -FC2-