記事一覧

妻の仕事継続と、年金受給繰下げで大丈夫だと思うんです

最近の傾向としては、定年後も働こう、というのが
定年後のライフスタイルの定番となりつつあるようです。

これからは、年金受給額はほぼ確実に減っていく
それなのに、
高齢者家庭の、収入と支出は、現状でも赤字が定着している。
ということは、
将来の高齢者の収入と支出の赤字額は増加傾向が続く。
したがって、
その赤字の補てんのために、定年時に数千万円の資産が必要である。
という感じで、定年時の資産が数千万円(3000万円とか5000万円とかいろいろ言われます。)無いと老後は不安ですよ。
と言われています。

これに加えて
もし、定年時に数千万円の資産が準備できたとしても
老後、収入が無い中での資産運用がうまくいくとは限らない
資産運用が失敗すれば、資産が減少してしまって
老後破綻になりますよ。

なんてことまで言われちゃいます。

そのために、最近は
定年後は月8万円稼ぐことができれば十分だ
という記事でも見られるように

無理をせずに、のんびりと働くことができれば、おカネのことのみならず、健康や精神面でも良い影響が出てきます。退職時に何千万円持っていても運用に失敗してなくしてしまえば、元も子もありません。しかも、資産運用はいくら勉強しても最終的にうまくいくかどうかは不確実なものです。不安定な運用に老後を委ねるよりも、安定して働けることに向けて準備をしたほうが良いのではないでしょうか。


などと、老後は、無理せず、のんびりと働きましょう。
というアドバイスが多くなってきています。

これは、私も、全く同感です。

働くことが楽しく、他の人とかかわることで、人生が豊かに感じられ、社会参加によって、自分の存在価値が確かめられることは
大変有意義なことだと思います。

でもね、みんなそんな人ばかりではありません。
私のように、他の人とかかわることが、結構苦痛の人もいるんです。
働くにしても、他の人間と関わることなく、ストレス最小限で自己完結的に済ませられるなら
働くことも選択肢となるんですが、なかなかそんな仕事はありません(会話って、ホント大変です^^;)。

ましてや、自分に、いかなる才能も所有していないのが、はっきり分かっていますので
ネットビジネスなんてもので、安定的に収入を得られるのなんてことは
私を騙そうとする、セールストークや広告の中にしか存在しない幻想だと思っています。

ということで、私の場合は、老後に対する備えとして
私自身が働くこと、というのは、あまり考えていません、
そのために、以下のようにしたいと思っています。

この対策は、極めて個人的な対策であり、一般化できない部分を含んでいます。

まずは
1:年金受給の繰り下げを行う。
 70歳まで受給繰下げをすれば、42%受給額が増えます
 これによって、私の場合は、70歳以後の支出に対しては、ほかの収入に頼らずに、カバーできます。

2:妻の勤務を継続してもらう(妻は働くのが好きなんです。)
 たとえば、年収200~300万円であれば、一年間働くと、厚生年金の受給額が年間1万数千円アップします。
 当然、10年働けばその10倍年金額が増えます。つまり年間の受給額が10数万円増えるんですね。
 これで、老後不安の解消が一層進みます。
 さらに、年金受給を繰り下げで、年金収入が無い間も、妻の収入だけで生活可能です(現実的には、妻の給与は妻の資産として貯蓄に回し、私の貯金の取り崩しになると思うけど)。

この二つの対策で、老後の金銭的な不安に対する私の対策としては
終了です。

もし、妻と離婚したらどうするの?
という疑問のあると思いますが、
妻と離婚したなら、私の支出は激減します(私の生活費って、大変少なくて済むんです^^;)。
そうなると、年金受給繰下げしなくとも、支出に対しての収入は充分となります。
まぁ、それでも、70歳までの年金受給繰下げはする予定ですけど。

年金受給繰下げしたのに、70歳前に新じゃったらどうするの?
ということに対しては、70前に死んだなら、何の問題も無いですよね。
ただ、年金をもらえなかった、というだけのことです。

資産運用に失敗したらどうするの?
これに対しては、銀行預金だけで、70歳までの生活に充分な資産を用意すればよいだけです。
それ以外の部分を、資産運用に回すだけです。

そんなこと言っていながら、あと数年もしたら
「俺は、死ぬまで働く!!」
なんて言っている可能性もあるんですけどね。

まぁ、いい加減な人間ですから
すぐに、言っていることが変わるのは、いつものことです。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ
にほんブログ村




関連記事
スポンサーサイト

コメント

No title

我々の世代なら65歳からの年金で食うのには問題ないでしょう。だから65歳までなんとかなれば後はなんとかなると思います。

No title

早期リタイアを含めて、70歳支給前提で考えています。そこまで長生きできるのかな?という問題はおいておいて^^
※+42%は魅力的。だけれども、今40代半ばが65歳になる20年後、65歳支給のままかは、結構懐疑的。なるようにしかならないかな~っと。

No title

僕らの世代はもっと後で80歳支給とかになってる可能性もあるからもうちょっと厳しいかな。
S&P500ちゃんに頑張ってもらうしかありません。

No title

無理のない範囲で働き続けるのがいいのかもしれません。定年退職した途端体調を崩した人が何人かいます。
数十年間会社へ行くということで規則正しい生活をしていたのが、毎日の不規則なお気楽在宅で体調が狂ったってって言ってました。
会社へ行くってのが身体に沁みついてしまったからね。 悲しい日本人ですw

Re: No title

たんちんさん、コメントありがとうございます

> 我々の世代なら65歳からの年金で食うのには問題ないでしょう。だから65歳までなんとかなれば後はなんとかなると思います。

65歳からの年金額でも、生活できそうなんですけど
「石橋を叩いて渡る」タイプの人間なので
受給年齢繰下げられるなら、繰下げたいなと思ってしまうんです。

65歳だと、あと7年。
イヤほんと、目前まで来ました。

Re: No title

煙々さん、コメントありがとうございます

> 早期リタイアを含めて、70歳支給前提で考えています。そこまで長生きできるのかな?という問題はおいておいて^^
> ※+42%は魅力的。だけれども、今40代半ばが65歳になる20年後、65歳支給のままかは、結構懐疑的。なるようにしかならないかな~っと。

確か、私が生まれたころは55歳定年、55歳支給だったんですね、厚生年金(国民年金はもともと65歳支給だった)。
それが60歳になり、65歳になった。
60年近くの間に、10年繰り下がってきました。
あと何年クリ下がるんでしょうね。

Re: No title

招き猫の右手さん、コメントありがとうございます

> 僕らの世代はもっと後で80歳支給とかになってる可能性もあるからもうちょっと厳しいかな。
> S&P500ちゃんに頑張ってもらうしかありません。

さすがに、80歳支給というのは、無いと思いたいけど
70歳支給開始は、大いにあり得るかなと思います。

S&P500、頑張ってほしいです^^

Re: No title

祝詞婆さん、コメントありがとうございます

> 無理のない範囲で働き続けるのがいいのかもしれません。定年退職した途端体調を崩した人が何人かいます。
> 数十年間会社へ行くということで規則正しい生活をしていたのが、毎日の不規則なお気楽在宅で体調が狂ったってって言ってました。

そうなんですよね。
規則正しい生活、大事です。
会社行こうと行くまいと、同じ時間に寝て同じ時間に起きる。
食べすぎない。
少し歩く。
何にでも興味を持つ。
なんてことで、乗り切ろうと思っています。


> 会社へ行くってのが身体に沁みついてしまったからね。 悲しい日本人ですw

会社というのは、金もらうために、仕方なく自分の時間を切り売りしているいる場所なだけ、と思っているんですよ。
あくまでも、自分の主人公は自分ですから^^

おお、かっこいいこと言ってしまった。
おっさんなのに。

コメントの投稿

非公開コメント

天気予報


-天気予報コム- -FC2-