記事一覧

子供にはレベルアップだけでなく、チューニングも必要らしい

最近は、自分の子供も大きくなって、完全に親離れしてしまって(何しろ、娘など日本に帰ってくるのは年に一度です)、
子供の方が、知識も増えて、他人との付き合いも上手になってしまっていて(友人の数や多様性は、私より子供の方がはるかに上なんです)
「もう、完全に親の私の方が子供になってしまったなぁ。」
なんて感じている、今日この頃なんです。

そんな時はこんな記事
息子が幼いと悩む親に伝えたい「2つの視点」

「子どもの自立レベルを引き上げるためには、チューニングとレベルアップという2つの手順で行う必要がある」

ということなんだそうです。
なお、

ここでいうチューニングとは、相手の水準に合わせるという意味

と解説されています。

要するに、子供の目線に合わせて、子供と付き合いながらも、徐々に対応を変えて行って、大人の世界へと変化させていく
ということなんでしょうね。

まぁ
私の場合は、いつの間にか子供は大人になってしまいました。
考え方や価値観なども、私よりもはるかに大人になってしまって。
まともなことは、ほとんどやれなかったように思います。

ただねぇ
大人の集団であったはずの、シャープや、東芝の例を見るまでも無く
さらには、多くの建設会社や金融業を見るまでも無く
大人だから、世界や社会の変化に適切に対応できるなんてことは無いんじゃないかと思うんですよ。

だって、今世界にトキメク多くの多国籍企業の起業家の多くは
多分、日本的価値観でいうところの、オトナでは無かったと思うんですよね。

いったい、オトナとしての言動が大切なんて状況は、これから先、私にはあるんだろうか?

イヤ、決して
自分が子育てに際して
適切にチューニングやレベルアップができなかったから事を悔んで、
言っているんでは無いんですよ。

あまりにも、私自身が、一般的な価値基準としてのオトナとしては全く不甲斐ない人間なのに
こんなにも人生を楽しみ、享受し、幸福を感じているので
人間は、オトナなんて物に、なってしまうと、不味いんじゃないかと思ってしまうんですよ。

まぁ、人それぞれ、価値観や考え方は違うから、
どうでもよいんですけどね。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

いろいろでセカンドライフ

Author:いろいろでセカンドライフ
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

アクセスランキング