記事一覧

もやしの値段が上がるかも

物価の優等生とか言われていて
200g一袋が30円前後で売られている「もやし」

そろそろ、この価格の維持が限界かもしれません。

もやし業界 窮状を訴え 度を超す特売 早急に歯止め
日本農業新聞 3/17(金) 7:00配信

全国のもやし生産者でつくる工業組合もやし生産者協会は、販売価格低迷に加え原料種子価格と人件費が上昇し「経費削減の努力が限界を超え、健全な経営ができない」との声明を発表した。納品価格より安く特売するスーパーもあり「消費者に窮状を知ってもらい、スーパーは適正価格で売ってほしい」と訴える。


 09年に全国で230社以上あった製造会社・生産者は100社以上が廃業、現時点では130を切っている。もやし製造会社を経営する同協会の林正二理事長は、小売業者に対し「度を超えた値下げ競争をやめ、せめて1袋40円で売ってほしい」と訴えている。



このもやし業界からの窮状の訴えは2014年にもありました
もやし原料種子の高騰について

もやしの平均価格を100g当たりで見てみます。
もやしの購入数量と購入単価
データの数字は二人以上の家計調査から、2000年から2016年までのもやしの項目を抜き出してます。

もやしの100g当たりの平均価格は、2014年ごろまで下がり続け、一時は100g当たり15円を切りましたが、最近、少し回復しています。もしかしたら、窮状を訴えたことが多少は効果があったのでしょうか。
(一般的な、もやし一袋は200gですから、現状は一袋30円程度)

「もやし」の原料となる、中国産の緑豆の価格は2014年も2015年も、トン当たり1900ドル程度です。
この価格は、10年前に比べて、3倍程度とのこと。
2016年はさらに高騰しているらしい。

緑豆100kgから1トン強の「もやし」ができます(緑豆が「もやし」になる過程で、原料の緑豆が水を吸って育ち、10倍以上の重さになるんですね。光や肥料も無くて水と温度空気で育ってしまう「もやし」は、工場生産できる野菜の最たるものです)。
一般的に売られている、「もやし」は1袋200gが多いですから、
緑豆が約20gでもやし一袋となるわけです。

緑豆1トン1900ドルなら、1kgが1.9ドル。20gなら、0.038ドル。
米ドルが113円なら、緑豆20gは4.3円。これが「もやし」の緑豆の原料費ですね。
200gのもやしが2016年は30円前後で売られていましたから。
原材料はここ10年で3倍に上昇しているとして、10年前は緑豆20gで1.4円程度。
当時より「もやし」一袋当たり、3円程度緑豆の原料費が上昇したと言うことなのでしょう(1.4円→4.3円)。

その原料費の値上げを製品である、もやしに転嫁できなかったために、
2009年には230社あった、もやし業者が淘汰されて、130社になっている。
と言うことなんですね。

なんだかブロイラーや卵と同じですね。
一戸当たりの規模拡大で、製品価格の低迷に対抗してきたわけですから。

次にもやしの購入所帯数の変化をグラフにしてみます。
もやしの購入所帯数

もやしの購入数量と購入所帯数は、2008年ごろから急増しました。
これって、リーマンショック後にもやしの購入料が購入所帯が増えている、ということになるんですね。。

この経済と「もやし」の関係を、この記事が解説しています
もやしと株価の意外な関係 もやしの消費額で読み解く日本の景気

スーパーの特売の目玉に使われることが多い「もやし」
もやし一つの販売傾向を見ても、なんとなく、日本の経済の現状が浮き彫りになります。
面白いですね^^

「もやし」、価格決定権が、スーパー側に偏っているらしくて
なかなか原材料費を商品価格に転換できない
でも、その用途は、年々増えています。
レシピも節約レシピの中では、もやしレシピは重要な項目です。
私自身、もやしには大変お世話になっています。

これからも、物価の優等生
所持金の少ない時の救いの神として
そして、毎日のおかずに欠かせない野菜として、君臨してほしいんですよね。

一袋40円、これが業者さんの望む「もやし」の価格なんですけど
一袋10円程度の上昇です。
これで済んでくれるなら、仕方が無いのかな?

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

コメント

No title

嫁が嫌いなのか食卓に上がりません、うちの家は嫁の独断場なんで

Re: No title

たんちんさん、コメントありがとうございます

> 嫁が嫌いなのか食卓に上がりません、うちの家は嫁の独断場なんで

嫁さんが嫌いなら、仕方ないですね^^
我が家では週に、何回か使います。
サラダに、スープに、煮物に、漬物に、お肉と一緒に、魚と一緒に
いろいろ使います。

No title

もやしはよく買います。常に一定価格、しかもかなり安い水準なのが素晴らしい。そこにもついに魔の手が迫って来ましたか・・・・って、10円くらいの値上げならいつやってくれてもいいけどw

1つのスーパーでは常に同じ値段だけど、スーパーごとに全く値段が異なるのも、もやしの特徴のように思います。その意味でも10円の値上げなんて大したことないように思ったりします。。

Re: No title

プライアさん、コメントありがとうございます

> もやしはよく買います。常に一定価格、しかもかなり安い水準なのが素晴らしい。そこにもついに魔の手が迫って来ましたか・・・・って、10円くらいの値上げならいつやってくれてもいいけどw
>
> 1つのスーパーでは常に同じ値段だけど、スーパーごとに全く値段が異なるのも、もやしの特徴のように思います。その意味でも10円の値上げなんて大したことないように思ったりします。。

「原料費が3倍に上がったから、10円値上げしてくれ」
と言うのと、
「原料費が1.4円から4.3円になったから、10円値上げしてくれ」
と言うのでは、受ける印象が結構違います^^
ま、もともとの単価の安いもやしだから、仕方ないかと思うんですけど。

No title

企業が潰れるほど安価というのは、まして原材料費があがっているなら、適切な価格まであがるのも。すべてのモヤシ業者が潰れて、モヤシが食べられなくなるより、そのほうがいいと思うのですけれどもね。
※うちの近くの業務用スーパーでは、1kgのモヤシがあります。安いけれども食べきれるわけもない(笑

No title

価格は市場が決定するものなので業界が無理やり値上げに動くのはちょっとイヤですね。
もやし業者がどんどん淘汰されて供給量が減れば自然と上がるのではと思いますけどね。

ウチは奥さんがあまり好きではないので週一回くらいしか使わないです。意外と栄養もあるらしいんですけどね。

Re: No title

煙々さん、コメントありがとうございます

> 企業が潰れるほど安価というのは、まして原材料費があがっているなら、適切な価格まであがるのも。すべてのモヤシ業者が潰れて、モヤシが食べられなくなるより、そのほうがいいと思うのですけれどもね。
> ※うちの近くの業務用スーパーでは、1kgのモヤシがあります。安いけれども食べきれるわけもない(笑

そうなんですよね、どうせほっといても、ある程度のところで値段は落ち着いちゃうんですよね。

1kgのもやし、それは食べきる前に、腐ります^^;

Re: No title

招き猫の右手さん、コメントありがとうございます

> 価格は市場が決定するものなので業界が無理やり値上げに動くのはちょっとイヤですね。
> もやし業者がどんどん淘汰されて供給量が減れば自然と上がるのではと思いますけどね。

そそ、ほっといていいんですよね、こんなものは^^
勝手に値段が適正になりますから。

>
> ウチは奥さんがあまり好きではないので週一回くらいしか使わないです。意外と栄養もあるらしいんですけどね。

もやし、スプラウトのはしりだから、おしゃれな食べ物でもありますよね^^
おしゃれで、栄養満点、その上安い
と思って、食べてますww

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

いろいろでセカンドライフ

Author:いろいろでセカンドライフ
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

アクセスランキング