記事一覧

いよいよeSIMの時代かな

これまでは、M2Mプラットフォームで使われることがほとんどだった
eSIMが、スマホユーザー間でも、デフォになろうとしているようです。

SIMカード不要でデータ通信できる「eSIM」搭載スマホが続々登場
 

MWC 2017の会場には、複数のメーカーがSIMカードを使わずにデータ通信できるスマートフォンを展示していました。いずれもソフトウェアSIM、いわゆる「eSIM」を搭載した製品です。用途は海外に出かけた際に、ローミング料金を支払わずに比較的安価な通信を行なうためのもの。現地でプリペイドSIMを買わずとも、スマートフォンのメニューから料金を選んで利用できるのです。


と言うことなんだそうですよ。

昔は、SIMなんて考えたことも無かったんです。
何しろ通信規格は互換性なかったから、
キャリア変えたら、通信デバイスも変えるのが当たり前だと思っていた。

それがどんどん互換性進んで
SIMさえ変えれば使えるんだよ、ということができるようになって
SIMフリーが当たり前になったのは、ホントここ1~2年のことですよね。

それが、IoT時代の幕開けとなり
eSIMの時代となってきています。

ますますグローバル化の速さが増しているってことですね。

M2MとかIoTを考えたら
契約情報の書き換えがオンデマンドで行わなけりゃ、とても困りますよね。
いちいち、SIM差し替えたり、ハード変えたりなんてしてたら
仕事にならない。
たとえば、多国籍で活動している企業が
その製品に、販売する国や地域ごとに、個別のモジュールを組み込まなけりゃならない(今はまさにそうだよね)
なんてめんどくさいこと、グローバル化が進んだ状態では
アホらしくてやってられないと思うんですよね。
コンシューマーサイドだって、無駄な出費を強いられることになりますよ。

でもそうなると、
当然抵抗勢力はあるわけで、
既得権益を得ている場合は、結構抵抗するでしょう。
それでも、SIMフリーの軍門に3キャリアが下った(ソフトバンクが最後まで抵抗したようだけど)ように
eSIM化は進み、さらにその先に進んでいくんでしょうね。

そういえば、NTTドコモも
コンシューマ機器向け「eSIMプラットフォーム」を開発
なんて発表をしていました。


いやぁ、最近、時代の変化が速くて
ついて行けないんですよ。
おっさんは。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ
にほんブログ村


関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

いろいろでセカンドライフ

Author:いろいろでセカンドライフ
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

アクセスランキング