記事一覧

今どき、そんな日本人少数派でしょう

いつもながら
「フランス、スゴイデスネェ」
の記事なのです^^

なぜフランス人は、クローゼットに「10着」しかないのか?
この著者によると
フランス人は

1. クローゼットに10着しかない理由は?
なぜならそもそもフランス人は、それが自分に似合っていたり、自分が気に入った服であれば、同じものをずっと着ていても気にならないから。ちょっと毛玉ができたり、ほころびたくらいで買い足したり、買い替えたりはしないからだ。
2. シャンプーが切れたときに、「残念! 」と深いため息をつく
3. そもそも買い物が嫌い?  ブランドはいらない? 


と言うことなんだそうです。
従って日本人は、この著者の考えでは

ブランドが好きで服をたくさん持っていて
どんどん買って、使い切らないまま捨てたり、放置したり、すぐに新しいものに買い替える
シャンプーが切れたら、やっと新しいのに買い替えられるとうれしく思う
給料の何倍ものバッグを持っている

と言うような行動パターン、消費傾向を持っているらしいんです。

これ読んで、いったいどこの国の人間なんだよ!
少なくとも、私(日本人)の消費行動とは全く異なるよ。
と思ってしまったんです。

私には、1の、クローゼットの中に10着、という意味が良くわからないんですけど
半袖Tシャツ、トレーナー、パンツ(夏用・冬用)、ジャケット(夏用・冬用)、カッターシャツ(長袖・半袖)、ダウン、コート
と言った、肌着(Tシャツは肌着かもしれないけど)を除いた服が全部含めて10着以下と言うことなんでしょうか?
それならとっても少ないと思うけど。
ただ、それだと、着がえがないんじゃないでしょうか。
洗濯したらどうするの?
替えのTシャツ無いんじゃないの?
パンツにしても、替えがないと言うことですよね。
だって、着がえを考えて、Tシャツ2枚、トレーナー2枚、パンツ(夏用・冬用)各2枚、ジャケット(夏用・冬用)各2枚、カッターシャツ(半袖・長袖)各2枚、ダウン、コートで
すでに20着前後になってしまいます。
上下セットで、1着と考えると、10着がぎりぎりです。
それとも、夏用と冬用は別々に考えるのかな。
上下セットかつ、夏と冬は別、と考えると、私の場合、10着以下となります。
おお、フランス人と一緒や。

あと、今どきの日本人、毛玉や僅かなほころびで、すぐに服買い変えたりしないでしょう。
私のTシャツやトレーナーなんて、ネコの爪の穴だらけですよ^^
一部やぶれてるし。

2の、シャンプー切れたとき、
「新しいの買えてうれしい。」
なんて考える日本人いるの?
少なくとも、私は、シャンプーの残りが少なくなると、使う量も減らして、在庫も確認して
在庫がない時は、もったいないと思いつつ、新しいシャンプー(それも詰め替え用、お徳用、安売り)を買います。
まだ残っているのに捨てる、なんてしたことない。

3の、買い物が嫌いブランド嫌い、に関しては、私は別に買い物もブランドも嫌いじゃない。
この点フランス人とは違いますね。
ただ、買い物は、安くて品質良くて、そこそこセンスが良い物を探すために楽しんで行うものなので
買い物が嫌いなんて思わないんですよ。
そして、安くて、品質良くて、そこそこセンスが良いなら、
どんなメーカーの物でもかまいません。
今どき、高いブランドじゃないとイヤだ、
なんて日本人、ごく一部でしょ。
ましてや、給与数か月分のバッグや小物をいくつも持って喜んでいる人なんて、ほんのごく一部。

どうも、この記事に出てくる日本人って
20~30年前の、バブル期にメディアによって作られた日本人像そのままなんじゃないかと
思ってしまうんです。
あるいは、今も勘違いしている日本人の中には
この記事のような日本人がまだ生き残っているのかもしれないけど。

今どきの、貧乏日本人は、
質素に、つつましく生きている人が多いと思うんですよね。
中には、パチンコ屋行って飲みに行って、散財して、なんて人もいるんでしょうけど。
少数派でしょう。

高級品とかブランド云々なんてことより、
安くて良い品質でかつ、豊富な選択肢の中から、自分に似合うものを選んで、購入していますよね。
古着屋も、当たり前に利用していますし。
何しろ、日本の場合、フランスと違って、安くても品質が高いのが当たり前、デザインもそれなりに良くないと売れません
さらに、安いのにフランスと違って多様性に富んでいます。

この、安いのに品質が良くて多様性に富む
というものが、
食品(生鮮食品、加工食品含む)・ステーショナリー・家具・インテリア・家電製品・衣類・小物・バッグ・外食、と言った広範囲の領域をカバーしています。
フランスでは、どうやら、記事によると、低価格で高品質で多様性に富む上記の製品などは、手に入らないらしい。
日本の100円ショップのように、安くて高品質の物をどこでも簡単に、多様に手に入れるなんて、フランスではできないんですね。

まぁ、なんにしろ
フランスが良いとか、日本が良いとか、と言うことはどうでもよいことだと思うんです。
何しろ、すでに、サービスへの考えや、質、範囲が大いに異なるんですから。
比較しようがないでしょう。

私のような、さえないおっさんには
安くて、品質の良い、センスの良い物が手軽に変える今の日本の状況が大変ありがたいです。
高級品は品質やセンスいいけど、安物は品質やセンスが残念
と言うような社会には、あまり住みたくありません。

もちろん、安いからと言って
購入したものを、大切にしないなんて、罰当たりなことは
絶対やってはいけません。
使ったものは、その役割を果たして、捨てるときに、通常、
「長い間、ありがとう、ゴメンナサイ、さようなら。」
と言って、感謝をこめて捨てますよ。
これ、当たり前ですよね。
「物には魂が宿る」と
子供のころから、何度も言われて育てられましたから。




にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

コメント

No title

買い物が好きだった日本人は過去のものになりつつありますね。
ユニクロですら売り上げを落としていってるらしいから。
もう何も買わない日本人が主流になっていきそうです。

僕は湯シャンなのでシャンプーすら買わないです。

No title

オークションで買ったり売ったり賢くなってます。車無し、酒もタバコやらんし博打やってるのも少ない。バブル世代とは全く違います、それらは未だによく稼ぎ浪費してるみたい。

Re: No title

招き猫の右手さん、コメントありがとうございます

> 買い物が好きだった日本人は過去のものになりつつありますね。
> ユニクロですら売り上げを落としていってるらしいから。
> もう何も買わない日本人が主流になっていきそうです。
>
> 僕は湯シャンなのでシャンプーすら買わないです。

招き猫の右手は、筋金入りですから^^

昔の幻想を追い求めるような記事だったので
読んでて、
「ヘェ~~、今どき日本人をこんな風に捉えている人いるんだなぁ」

なんだか、面白くなってしまいました。

Re: No title

たんちんさん、コメントありがとうございます

> オークションで買ったり売ったり賢くなってます。車無し、酒もタバコやらんし博打やってるのも少ない。バブル世代とは全く違います、それらは未だによく稼ぎ浪費してるみたい。

消費するには稼がなきゃいかん
これが私はイヤで^^
年齢とともに、消費する力が無くなるので、ありがたいやら寂しいやら。

コメントの投稿

非公開コメント

天気予報


-天気予報コム- -FC2-