記事一覧

うまい日本酒が飲みたい、夜明け前 しずくとり

今回は
長野の酒蔵、「小野酒造店」で作られた
「夜明け前」シリーズの

「純米吟醸 生一本 しずくとり 生酒」(長いよ><)
です。
2017年2月夜明け前


「純米」ですから、原材料は米と米麹だけですね。
精米歩合は55%、ウン、名前通り、「吟醸」酒の範疇です。
「生一本」とか「生酒」と書いてあるから、「生原酒」では無いので、
少しは加水しているのかな?

「しずくとり」という名前、絞り方を考えてますよ、ということなんでしょうね。

かすかな濁りがあります。これも「しずくとり」のためでしょうか。
濁り酒みたいに白濁はしていませんよ。

味は、とてもまろやか、フレッシュ、フルーティー
さらっと軽い感じ。
あと、僅かに独特のザツミがります。
舌触りは、ややねっとり。やっぱ絞り方でしょうか。

それでも、私のような素人にはとっても飲みやすい。
アルコール度数もほどほどなので、安心です(何が安心なの?)。

ここのところ、新酒が出てきていますから、生酒とか生原酒ばかりです。
多分、これからも、しばらくは生酒なんでしょうね。
やっぱ、若いというのが魅力なんですかね?
燗したお酒も好きなんですけど、冬から春にかけては生酒のおいしさが際立つような気がします。
なんて、言うけど、今じゃ年中生酒の季節ですね。

春になると、温かくなってきたから、花見で生酒
初夏には、暑くなってきたからさっぱりと生酒
夏は当然、暑気払いで生酒
秋になると、熟成されて「ひやおろし」で生酒(熟成されていて、これはこれでおいしい)
冬にはできたてフレッシュな生酒、朝絞りで「生酒」、槽汲み(ふなぐみ)で生酒。
てな感じです。

いまのところ、
値段の関係で、大吟醸は飲めないので、
大吟醸、どなたからかの頂き物でも無い限りは、紹介できないでしょう。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

コメント

No title

色々理屈こねてるけど、結局飲みたいだけやんという・・・でもいい趣味というか、いいお金の使い方だと思います。

大吟醸ってそんなに高いんですか?こないだ店で飲んだ時に純米大吟醸より純米吟醸の方が高くて、銘柄間格差がピンキリあるんだなと思いました。

No title

僕もお酒の中では日本酒が一番好きです。
ただし弱いので量が飲めないですが。

Re: No title

プライアさん、コメントありがとうございます

> 色々理屈こねてるけど、結局飲みたいだけやんという・・・でもいい趣味というか、いいお金の使い方だと思います。

イヤまさにその通り、飲みたいだけなんです^^;
2000円以下で、数日間楽しめる。
ありがたい時代です。

>
> 大吟醸ってそんなに高いんですか?こないだ店で飲んだ時に純米大吟醸より純米吟醸の方が高くて、銘柄間格差がピンキリあるんだなと思いました。

近所の行きつけの酒屋さん、大吟醸、高いんですよ。
スーパーに売ってる大吟醸だと安いんだけど、
なんだか少し、名前が違うんですよね。
精米歩合だけの話だから、どんな米使っても精米歩合を50%以下に抑えて、吟醸造りしていれば良いだけなので、値段は千差万別だと思います。
日本酒、おいしいけど、伝統とか文化とか訳わからん百鬼夜行の住む世界ですから、もうばかばかしい話です。なんでああも、伝統とか文化と持ちだすと、すぐに腐ってしまうんですかね??
あ!発酵文化だから腐るのか^^



Re: No title

招き猫の右手さん、コメントありがとうございます

> 僕もお酒の中では日本酒が一番好きです。
> ただし弱いので量が飲めないですが。

お酒、味がしっかりわかるのはどうせ最初の1~2杯なんじゃないですか?
その後は、もうどうでもよいでしょ^^
量飲むより、楽しく飲みたいですねww

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

いろいろでセカンドライフ

Author:いろいろでセカンドライフ
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック

カレンダー

02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

アクセスランキング