記事一覧

勇者や友情が輝いていた時代があったんですね

太宰治という作家の方がいらっしゃいます。
故人でありますけど、熱心なファンの方がいまも多数いらっしゃいます。
私も、40年以上前の青春時代には、その作品を読んだものでした。
いまでは、その作品の内容はほとんど覚えていません、
ただ、暗い湿った作品が多かったような印象です。

その中で
「走れメロス」という作品だけは、短くかつ明快な内容だったので
今でも僅かに記憶していました。

今朝その内容が一部
雑誌記事の中に引用されていたので、改めて読んでみたのですけど。
AIの翻訳は「ギャル語訳」を超えられるのか
この記事ですね。


この作品が書かれた当時(約80年前)、および私が読んだ当時(約40年前)は、
まだまだ「勇者」とか「友情」という言葉が輝いていた時代だったんだなと
懐かしく感じました。

いまでは読みにくい文章で、でも読んだ当時は、結構感動したんですよね^^

なんとなく、ほろ苦くも懐かしいわが青春の思い出の作品の一つですね。

すべては夢幻のごとく、遠く過ぎて行きました。
願わくは、今の若人がやはり夢幻を追い求められる時代であってほしいですね。
まぁ、他人の不幸や己の歯止めのない欲望、信仰や善意の押しつけ、行き過ぎたおせっかいなどを追い求めるのは止めてほしいけど。
でもまぁ、こういったことが追い求められるかどうかは、社会や国家の経済的な裏付けがないと、困難でしょうね。

おっさんくさい話になったなぁ
ごめんなさい。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

いろいろでセカンドライフ

Author:いろいろでセカンドライフ
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック

カレンダー

02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

アクセスランキング