記事一覧

外見も中身も醜くなり、数が多く、さらには社会資本をただ消費する、私はそうはなりたくないけど

日本の社会を崩壊させ続けてきた団塊の世代(年功序列の崩壊・バブルの崩壊・地域社会の崩壊)が、さらに社会を追い詰めます。

キレるお年寄りにどう向き合う 増える暴言・暴力トラブル

高齢者による暴言・暴力が増えている。2016年版『犯罪白書』によれば、20年前と比べて高齢者の「暴行」は49倍に増加。駅や病院で暴言を吐いたり、乱暴な振る舞いをしたりというケースが増えてきた。


いま、老人達は、「老成」とは真逆の様相を見せています。
高齢となり、経験・教養を積み、人格が円熟みを増す時代のはずの老年期の人間が
まるでだだっ子のように、喚き散らす姿があちこちで見られます。

私自身、何度も経験しています。
その対応に、接客の現場は疲弊します。
高齢者接客するのは、とってもイヤでした。凄いストレス(理解してないのに理解したふりする、すぐ忘れる、その上すぐキレる)。
2~3歳の子供が、我儘を言って、かわいい声で叫ぶのはある種微笑ましい光景なのですが
70を超えようか、というような方々が、大声で相手のちょっとしたミスに対して怒鳴りつけ
理不尽な要求を繰り返す姿を見ると、ほとんど異世界の人間か
あるいは地獄の餓鬼ではないかと思ってしまいます。

外見も中身も醜くなり、数が多く、大声で喚き散らす
これって、まるで
ネット小説で最弱かつ最多のモンスターである、ゴブリンのようです。

私自身、その老人の気持ち、わからないでは無いんです
徐々に肉体・精神が衰え
自分の世界が狭くなり
社会からの疎外感を強く感じる
すでに、会社からは離れ、子供も大きく
妻からは疎まれる。

その心の鬱屈を、他人に対して吐き出したい
そのきっかけとして、立場の弱い人間(接客中の女性従業員や病院職員など)に当たりまわる。
決して、立場の強い人間には強気に出ませんから(情けない)。


2016年版『犯罪白書』(法務省)。少年犯罪や外国人犯罪はピーク時の3分の1にまで減少していたが、65歳以上の高齢者の犯罪は突出して増加していた。

20年前の1995年と比べると、2015年、「殺人」が約2.5倍、「強盗」は約8倍、「傷害」は約9倍という急激な増え方。もっとも増加していたのは「暴行」で、これは約49倍にも増えていた。


1995年の高齢者(65歳以上)の人口は1828万人
2015年の高齢者の人口は3395万人ですから、
人数的には1.86倍程度にしか増えていないのに
強盗傷害がこの間に10倍近くに増えている。
もうほとんど、犯罪者の集団のようです。
高齢者見たら、犯罪者と思え、と言われそうな勢いです。

結構困るのは、医療や介護の現場で、
院内暴力や看護師・介護職員へのセクハラ、暴力です。
これは、身の回りで当たり前に経験します。
知り合いの看護師は、ほとんどみんなが男性老人患者からのセクハラ、暴力を恒例行事のように経験します。
お尻を触られるとか怒鳴られるなんて言うのは普通で、抱きつかれるなんてのも日常的に存在します。
こんな老人のために、業務が中断されるんですよね。アホみたい。
それじゃなくても、医療・介護の現場は人手不足なんですよ。
時間に追われ四苦八苦している。
昭和の男(私もそうだけど^^;)は、ホントどうしようもないです。

記事の最後で

昔から日本の先人がしていたように高齢者を敬う、たててあげる。順番待ちに耐えられないので優先してあげる。家庭でも社会でも高齢者を『どうせ暇なんだろ』という無下な態度はとらない。逆に言えば、そうした失礼な対応が反発や疎外感を引き起こし、自己中心的な高齢者をますます生み出してしまっている可能性があるのです。人間誰でも年を取っていくものです。いずれ自分もそうなる、と思えば、横柄な高齢者にも優しく接することができるのではないでしょうか


と書かれているんです。
確かに、老人が少ない時代は、
敬い、たてて、優先してあげられましたけど(もっとも、そんな余裕のない時代がほとんどでしたけど)
いまは、最大勢力が高齢者なんです。
そしてさらに数が増えて行くんですよ。
とてもじゃないけど、無理でしょ。

これは、私にとっては他人ごとじゃないです。
自分のその高齢者の入口に差し掛かっていますから。
間違っても、理不尽な怒りを示すとか、セクハラ行為をするなんてことは
しないように心掛けないと。


「大声あげることは、とっても健康にいいんですよ。」
なんて言ってる場合じゃないですね。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ
にほんブログ村



関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

いろいろでセカンドライフ

Author:いろいろでセカンドライフ
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

アクセスランキング