記事一覧

高齢者と引きこもりの味方、ダッシュボタン

昨年の年末にサービス開始した「Amazon Dash Button」
現時点では、Amazonプライム会員でなければならず、
スマホアプリとWiFi環境での初期設定が必要だから高齢者には敷居が高いかもしれないんです。

でも、初期設定さえ済めば、スマホ無くてもWiFiがあるならボタン押すだけで注文できるし、
電池も2~3年は持つらしい。
であるなら、初期設定だけ誰かがしてあげれば、高齢者も使いやすいんじゃないかな。
なんて「Amazon Dash Button」見て思っていたんです。

お子さんが、ご両親のプレゼントに「Amazon Dash Button」
もいいかもしれない。

でも、しっかり説明しておかないと
押せば品物が届く、魔法のボタン
となってしまって。
品物が届くたびに、どんどん押されて
近所に品物配って、さらにボタンを押して。
なんてことになるかもしれない。

ちゃんと、クレジットで払っているんだよ
としっかり教えておかないとね。
覚えてるかどうかは知らんけど。

まぁ、クレジットカードの引き落としを、ご両親じゃなくて自分の口座にしておいて
Amazonプライム会員も自分の名義で作っておいてというのも良いかも
注文履歴で、どの商品をいつ買っているのか
毎月どれだけ購入しているのか。
なんてことが確認できるから、ご両親が元気かどうかよくわかるでしょう。

突然購入が無くなって、驚いて連絡したら
「Amazon Dash Button」 の設定商品に飽きちゃって
他の商品に替えただけで元気だった、なんてこともあるかも。

あと、この「Amazon Dash Button」
引きこもりには、必須アイテムですよね。
わざわざ注文画面立ち上げなくても良い。
ただボタン押すだけで品物届く。
残念ながら、玄関までは届いた品物取りに行かなくちゃいけないけど。
それさえ我慢できれば、最低限の動きで最大の効果を発揮しますよ。

まだまだ、これから大きな進化を見せそうな「Amazon Dash Button」
最終的には家の中のすべての消耗品が「Amazon Dash Button」
になるかも。

私の場合は、米に納豆に豆乳に味噌にネギにネコのご飯にコーヒー豆に・・・・
ダッシュボタン。
値段はその時点での最安値を自動検索して注文

これじゃ、引き込もいりをさらにひどくしそうなので
やはり少しは外に出ないとイカンかな。

正直なところ、暇がたくさんある自分としては
毎日歩きまわって、商品を見て回るのも楽しみなんですよね。
だから、しばらくはこのボタンはお預けです。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ
にほんブログ村






関連記事
スポンサーサイト

コメント

No title

AWSは競争が十分に機能してますが、小売りとしてはバイヤーが強すぎるから、アマゾンは大きくなりすぎですね。 

No title

ドロンが家まで持ってくる、電子レンジから出て来たら完璧。

Re: No title

Colorless Freedomさん、コメントありがとうございます

> AWSは競争が十分に機能してますが、小売りとしてはバイヤーが強すぎるから、アマゾンは大きくなりすぎですね。 

AWS(Amazon Web Services)のことなんですね。
いつも私の知らないこと教えてくれて、ありがとうございます。

Re: No title

たんちんさん、コメントありがとうございます

> ドロンが家まで持ってくる、電子レンジから出て来たら完璧。

そこまで行ったら、ほとんど何でもありですね^^
家から一歩も出なくなりそう。



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

いろいろでセカンドライフ

Author:いろいろでセカンドライフ
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

アクセスランキング