記事一覧

日経もスマートベータ型指数出したんだね

日本でも、2~3年前からスマートベータと呼ばれる指数が注目され始めていますけど
日経には、今までスマートベータ型が無かったんですね。
「JPX日経400」がスマートベータ型指数だと言う意見もあるのですけどね。

今年の1月10日に「日経平均高配当株50指数」というのができたんですよ。
これが、一応、日経のスマートベータ型指数になっているんですね。

「日経平均高配当株50 指数」算出要領によると

「日経平均高配当株50 指数」は日経平均構成銘柄のうち配当利回りの高い50 銘柄から構
成される配当利回りウエート方式の株価指数である。


となっています。

これまでも、高配当指数というのはいくつかできていて、日本の株式を利用したETFでは

「MSCIジャパン高配当利回りインデックス」→iシェアーズMSCIジャパン高配当利回りETF(1478) 信託報酬0.19% 純資産総額127億円

「東証配当フォーカス100」→上場インデックスファンド日本高配当(1698) 信託報酬0.28% 純資産総額132億円

「野村日本株高配当70」→NEXT FUNDS野村日本株高配当70連動型上場投信(1577) 信託報酬0.32% 純資産総額714億円

「MSCIジャパンIMIカスタム高流動性高利回り低ボラティリティ指数」→
上場インデックスファンドMSCI日本株高配当低ボラティリティ(1399) 信託報酬0.35% 純資産総額60億円

などと言ったものが作られてきました。

「日経平均高配当株50 指数」に対しても「NEXT FUNDS 日経平均高配当株50指数連動型上場投信(1489)」が
来週の2月13日に上場されます。ちなみに信託報酬は0.3024%のようです。

東証上場の高配当ETFには「iシェアーズ 米国高配当株ETF(1589)」という有名なETFがあり、信託報酬0.08%なので
見劣りしそうですけど。この1589は保有銘柄が79あるけど、保有比率に結構偏りがあるんですよね。
たとえば、AT&T INCの保有比率が7.85%と言う感じで。
それに対して、「日経平均高配当株50 指数」はウ エートキャップを5%に設けていて、比較的分散しているんです。
でも、
その分散ということ言うと、「MSCI ジャパン IMI カスタム高流動性高利回り低ボラティリティ指数」の場合は
「構成銘柄の指数内での最大ウェイトが1%」という、まことに立派なイコールウエイト手法がとられているので
なんともはや。
という感じです。

そう言うことを考えると
なんだか中途半端な感じがする、「日経平均高配当株50 指数」なんですけど。
管理会社が野村アセットマネジメント株式会社で信託受託会社が野村信託銀行株式会社ですから
営業力や広告力はあるので、純資産総額が大きくなるかもしれません。

何しろ、既出のETFの純資産総額を見ても、野村日本株高配当70連動型上場投信の純資産総額がダントツの1位ですから。

日経も、「日経平均高配当株50 指数」を冠したETFが売れれば

<商標使用料等>
以下の金額が商標使用料としてかかります。
本ETFの純資産総額に対し、年0.054%(税抜0.05%)の率を乗じて得た額。


これが収入になるわけですから、ありがたいんですよね^^

これからも、ゆっくりと経過を見て行きたいと思いますよ。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ
にほんブログ村



関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

いろいろでセカンドライフ

Author:いろいろでセカンドライフ
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

アクセスランキング