記事一覧

スーパー営業マンってやっぱり凄い

テーマ型投資信託投資信託が人気なんだそうです。

新規投信、人気トップは人工知能銘柄 三井住友のAIファンド、純資産2000億円にを見ると
首位が16年9月9日に設定された「グローバルAIファンド」というテーマ型投資信託なんです。
当初設定額は901億円となり、昨年11月末で純資産総額1972億円になっています。
現在も増え続けており、2017年2月8日現在の純資産総額は2528億円。
結構なヒット商品です。

このような投資信託の時はいつも書いてますけど
購入時手数料と、信託報酬を見てみます

購入時手数料(1億円未満) 3.24%
信託報酬 1.89%

パフォーマンス情報として
設定(2016年9月9日)以来のリターンは15.48%です
(2016年9月9日の基準価額10000円、2017年2月8日の基準価額11548円より)。

お!結構リターンいいんじゃないの、と思われた方
一応比較として
SPDR S&P500 ETF(1557)のリターンを示しておきます。

SPDR S&P500 ETF(1557)の2016年9月9日の終値22320円、2017年2月8日の終値25720円であることから
2016年9月9日以来のリターンは15.23%となります。

その差、
プラス0.25%ですね。
一応、1157に比較して、プラスですね、良かったね^^
とは行きません、
何しろ、販売時手数料の3.24%がありますから
実質は、リターンの差はマイナス2.99%となります。

いったい、何のためのテーマ型投信なんでしょうね。
私にはよくわかりません。

テーマ型投信、人気が離散すると
さらにどうなることか。
買われた方々、とっても心配です。

しかし、スーパー営業マンの営業力って
やっぱり凄いなぁと、感心いたします。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

コメント

気になる気になる気になる気

購入時手数料(1億円未満) 3.24%
信託報酬 1.89%

金融ビッグバン前
株式売買委託手数料が自由化される前
500万円から1000万円以下で0.7%+12500でした
1000万円だと82500円 0.825%です

やはり手数料は気になります

Re: 気になる気になる気になる気

消費しないピノキオさん、コメントありがとうございます

> 購入時手数料(1億円未満) 3.24%
> 信託報酬 1.89%
>
> 金融ビッグバン前
> 株式売買委託手数料が自由化される前
> 500万円から1000万円以下で0.7%+12500でした
> 1000万円だと82500円 0.825%です


そう言えば、そんな時代もあったんですよね。
忘れていました。
口座管理料なんてものもありました。

>
> やはり手数料は気になります

減らして何の問題も無い部分なので
少なくしたいです。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

いろいろでセカンドライフ

Author:いろいろでセカンドライフ
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック

カレンダー

02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

アクセスランキング