記事一覧

今どき資産運用にスーパー営業マン?

いろいろと記事を読んでいたら面白いタイトルにぶち当たりまして。

資産運用を託すなら スーパー営業マンか、ロボアドバイザーか
Forbes JAPAN 2/6(月) 12:35配信

顧客としてお金を預けるなら、できるだけ運用成績のよいスーパー営業マンに当たりたい。だが、運用資産の額がある程度大きくない限り、スーパー営業マンが担当につくことは期待できないだろう。

と書いてあるんですよ。
久しぶりに、スーパー営業マンなるものを礼讃している記事なのかな?。

資産運用においてスーパー営業マンがいる場所といえば
ヘッジファンドなんだろうと思うんですけど。

ファンド・マネージャー年収事情 格差は最高4倍ZUU online 1/30(月) 6:40配信
の中で

「ヘッジファンドマネージャーの年収は驚くほど高い」といわれる所以だ。
それを考慮にいれて資産運用額2億5000万ドル(約287億8000万円)、最高5年経験をもつマネージャーの年収中央値をファンドタイプごとに見てみると、ヘッジファンドは27万ドル(約3108万円)。次いでプライベート・エクイティの中央値は26万ドル(約2993万円)。最も中央値の低い年金基金の中央値、14万ドル(約1611万円)と比較すると歴然の差だ。


と書かれているぐらい、ヘッジファンドのマネージャーは高給取りなわけで、まさに、スーパー営業マンなんですよね。

富裕層のお金を一手に集めて、最高の給与で最高の運用をしているのだろうヘッジファンドですから、さぞかし運用成績が良いんだろうと思ったら。

そのヘッジファンドに関してこんなことが
ヘッジファンドの2016年、ダリオ氏好調-ソロス氏とポールソン氏は損失
Bloomberg 2/1(水) 16:31配信

大手20ファンドの中でブリッジウォーターが金額ベースで最も大きな利益を上げた。大手ファンドが投資家のために上げた利益の合計は手数料を差し引いて160億ドル。割合では2.6%のプラスリターンで、「歴史的水準を大きく下回った」とリポートは指摘した。大手ファンドの16年成績は業界全体とほぼ同等だった。

と書かれていたり

自分の能力、もう信じられない-ヘッジファンド運用者の悲惨な新世界

ブルームバーグの集計データによると、2兆9000億ドル(約301兆円)規模のヘッジファンド業界の過去3年のリターンは年平均2%と、大半のインデックス型ファンドを下回る。

なんてことまで書かれている。

なんということでしょう。
最近は、
富裕層のためのヘッジファンドにおカネ預けて、高給取りのスーパー営業マンに運用任せて高い手数料払うよりも、インデックスファンド買っておいた方が運用成績が良い。
なんて言う時代になっているんですね。


冒頭の、
資産運用を託すなら スーパー営業マンか、ロボアドバイザーか
の記事の最後に

ロボアドバイザーがスーパー営業マンを追い越す日はこないのか。

「人工知能は人間が作った機械。スーパー営業マンのスキルは運用業務だけにとどまりませんから、機械が自己学習したとしても追いつくのは当面難しいでしょう。それこそシンギュラリティであり、今、想定する未来にはありません」

と書いてあるんですけど。

すでにインデックスファンドに追い越されかかっている、スーパー営業マンのスキル。
いまさらロボアドバイザーと比べてどうするんだろう?
と思ってしまうんですよね。

そう言えば、
かのウォーレン・エドワード・バフェット氏の記事でこんな記事が
手数料に注意を-バフェット氏があらためて送る投資の助言

バフェット氏は「恐らく世界で最も重要な投資の知恵」を示したいと株主に述べた上で、ウォール街のセールスは数年にわたりリターンの低さを覆い隠していると指摘。コンサルタントは年金基金や他の投資家に手数料の高い運用担当者を紹介しているが、全体として見ると「腰を据えた」インデックスファンドへの投資に比べてリターンが低くなっていると付け加えた。こうした手数料の高い運用は「猛烈な勢いで資本を食いつぶしていく」と説明している。

こんなことを言っているんですね。

私は、自分の資産をスーパー営業マンに任せたいとは思いませんね。
だって、スーパー営業マン、なにがスーパーかっていえば、売り上げがスーパーなんでしょうから。
決して継続的な運用成績では無いと思うんですよ。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

コメント

共同作業

スーパー営業マンがスーパーである所以は
顧客の協力があってのこと
仲むつまじい共同作業ってことですよね

一方が損をする可能性の高い協力ゲーム
よく参加しますよね

Re: 共同作業

消費しないピノキオさん、コメントありがとうございます

> スーパー営業マンがスーパーである所以は
> 顧客の協力があってのこと
> 仲むつまじい共同作業ってことですよね
>
> 一方が損をする可能性の高い協力ゲーム
> よく参加しますよね

現状だと、営業マンが一方的に有利な状態ですので
相互の協力関係は難しいように思います。
何しろ、現時点では、運営能力とは関係ない評価方法が主流ですから。

金融機関のフィデューシャリー・デューティーとは何なんでしょうね^^;

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

いろいろでセカンドライフ

Author:いろいろでセカンドライフ
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

アクセスランキング