記事一覧

アホロートルの旅立ち

先日、家で7~8年飼育していた
アホロートルが旅立ちました。

アホロートルって、
アホなロートル(年寄り)のことじゃないですよ。
それじゃ、まんま私のことになってしまいますから。
アホロートルって、ウーパールーパーとかメキシコサラマンダーとか呼ばれる
サンショウウオのことですよ。

娘が中学のころ近所の熱帯魚店で買ってきて
それからは、娘がかわいがっていたんですよ。

娘が大学となり
日本を出国してからは
私が水を替えて、エサやりしてました。

ここ1~2年ほどは、弱ってきていて
ここ数カ月はあまりえさも食べず、
そろそろダメかなと思っていたんです。

先日のブログで、娘が
「今度の試験はとても難しくて、合格しそうにない」
と泣きながらSkypeしてきたことを書きましたけど
その試験が、無事に済んで、
合格の報告がもたらされた次の日の朝に
亡くなっていたんです。

前の日までは、確かに動いていたのに。

まるで、娘の合格のために力を使い果たしたかのような
娘の合格を見届けたかのような。
イヤ、もちろん、偶然、タマタマなんですよ。
それは良くわかっているんですけどね。

でもね、我が家ではこんなことが結構多いんですよ。

我が家で暮らしていた初代ネコは
私の息子を自分の息子のように、可愛がっていました。
生まれたばかりの私の息子を、初代ネコは自分の体温で一生懸命温めていましたから。
それから20年近くたち、
その息子が、大学に合格して日本出国が決まって
友人たちと卒業旅行に行った次の日に、初代ネコは亡くなりました。

初代ネコが年をとり、オムツをつけるようになったんですけど、
そんなある日、、
卒業旅行の前日に我が家に、息子の友人たちが泊まったんです。
その友人たちの前に初代ネコはオムツのまま
「私の息子を頼むね」
とでもいうかのように、みんなにあいさつして回った次の日でした。
それまでは、知らない人の前には、めったに出て行こうしない誇り高いネコだったんですけどね。
大往生でしたよ、20歳でしたから。

2代目ネコは、
娘が大のお気に入りで、娘が小さいころから
いつも引きずられるように抱っこされても怒りもせずにされるがままになり。
息子は遊び友達と思っていて。
その娘が大学となり、日本を出国してからは
がっくりと元気が無くなり、
毎日点滴されながらも半年頑張り
娘が日本に一時帰国するのを待っていて、幸せそうに自慢そうに抱っこされて
さらに、息子が帰国するのを待ち
息子が帰国したとき、玄関のドアを息子が開けたら
それまで寝ていた椅子から立ち上がり、玄関に息子を迎えに行って
「え!どこにそんな元気があったの」、と思ったら。
その晩に亡くなりました。

そんな感じで
我が家の同居人たちは、
私の子供たちに、大きな影響を与え
息子・娘の成長を促し
あの世に旅立ってくれました。

そのネコの遺骨は
今でも、息子・娘は肌身離さず身につけています。

アホロートルの亡骸は、
娘が希望したように、ベランダのプランターに葬りました。

長い間、娘の面倒見てくれて、ありがとうございました。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

コメント

No title

いろセカ家で生活できた生物は幸せもんです。我が家なら....

No title

旅立ちましたっていうので、本当にどこかに旅立ったのかと最初思ってしまいました。

随分いろいろな生き物を飼われていたんですね。

ウチはまず猫が欲しいですがまだまだ厳しそうです。

No title

家族ですね。ペットじゃないです。
家族の一員として、ちゃんと家の中での自分の役割が
わかっている。
心よりご冥福を祈ります。合掌 

Re: No title

たんちんさん、コメントありがとうございます

> いろセカ家で生活できた生物は幸せもんです。我が家なら....

エサとして買ってきた生き物もいますから
考えてみれば、残酷なもんですよ^^;

Re: No title

招き猫の右手さん、コメントありがとうございます

> 旅立ちましたっていうので、本当にどこかに旅立ったのかと最初思ってしまいました。

最初はタイトル「アホロートルの死」としたんですけど、なんだか寂しくなってしまって
旅立ちにしました。
誤解を与えましたね、スミマセン^^;

>
> 随分いろいろな生き物を飼われていたんですね。
>
> ウチはまず猫が欲しいですがまだまだ厳しそうです。

ネコ、長い時間一緒にいられるなら、一緒に生活するのに最適な生物ですよ^^
ただ、長い時間家を空けることができないけど。
旅行行く時が困ります。

Re: No title

祝詞婆さん、コメントありがとうございます

> 家族ですね。ペットじゃないです。
> 家族の一員として、ちゃんと家の中での自分の役割が
> わかっている。
> 心よりご冥福を祈ります。合掌 

それぞれが、みんな異なる性格を示して、
異なる役割を果たしてくれるんですよね。
不思議なもんです。
絶対いてくれないと困る位置に、いつの間にか就いていますから。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

いろいろでセカンドライフ

Author:いろいろでセカンドライフ
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

アクセスランキング