記事一覧

選択制企業型確定拠出年金のメリットデメリット

以前に、個人型確定拠出年金から企業型確定拠出年金へと変更になったと書いたけど
個人型確定拠出年金から企業型確定拠出年金への移行

繰り返しだけど、もう一度、
選択制企業型確定拠出年金のメリットとデメリットをまとめておく

メリット
 所得税・住民税の控除額が増える
 標準報酬月額が下がることで、厚生年金保険料の支払い額が減る
 標準報酬月額が下がることで、健康保険料の支払い額が減る

デメリット
 厚生年金保険料の支払い額が減ることで、老齢厚生年金の受給額が減る
 厚生年金保険料の支払い額が減ることで、障害厚生年金の受給額が減る
 傷病手当金、障害手当金、出産手当金などの給付額が減る

 厚生年金保険料は下がると、受給額が減るけど
 健康保険料は下がっても、受けられう医療サービスが下がることは無い。
 これってすごいことだね。

おおよそのメリットとデメリットはこんなものかな。

ただし、最大限の確定拠出年金額の5万5千円を給与から支払っても、標準報酬月額が31等級以上(60万5千円以上)なら、
つまり、標準報酬月額が66万円以上なら、迷うことなく最大限の確定拠出年金額を支払うべきですね。
それならば、メリットしかありませんから。

何しろ、健康保険料は減るのに、受ける医療サービスはそのまま。
所得税・住民税の控除額増。
良いことずくめ、デメリットなし。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

いろいろでセカンドライフ

Author:いろいろでセカンドライフ
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック

カレンダー

02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

アクセスランキング