記事一覧

それでも「人生100年時代」なんて言っていられますか?

以前
100歳、めでたいわけがない
ということ書いたんですけど。
またもや似た話です。

暗い話でスミマセン。

最近、
『Life Shift 100年時代の人生戦略』
という本が人気なんだそうです。

私は読んだこと無いけど
多分、どこかの頭の良い社会的経済的地位の高い
コミュニケーション力の高い素敵な方が書いた本で
「そうだそうだ、その通り」
という人たちがたくさんいるんでしょうね。
(多分、諸手を挙げて賛成する人の中には、中高年以下の人が多くて、庶民の老人とか実際に認知症の介護をしている人は少ないんじゃないかな。だって、100歳過ぎてもこれが続くの、と思ったらやってられない。)

プラス思考のことが並んでいて
体と頭が動く間は、常に多くの人とつながり
社会的な多様な活動を多層的に行いなさい
社会と家庭ともにバランスよく関わりなさい
健康に配慮した生活で、年齢には邪魔されない能力を発揮しましょう
常に新しい情報に接して、積極的に吸収しなさい。
脳の働きは年齢とは無関係。
なんてことが書いてあるんじゃないかな(全然違うこと書いてあったらゴメンナサイ)。


賛同者が多くて部数が売れたことで、その著者の方にお金が集まり
その影響力を利用して、講演会や勉強会が行われ
先行した人はある程度利益が出るけど
遅れた人は参加費かかっただけで
実際に年寄り抱えた社会は疲弊していく
自助努力ができなければ、なにも変わらない。

著者の方と、その考えをうまく誘導できた人だけが
自分自身の老後資金を確保できて喜ぶ。

なんてことにはならないと信じたいんですけど。

どうなんだろ?

どうも、人生100年バンザイ、というタイプの話には
なかなか賛同できないんですよね。
天の邪鬼なんでしょうね。

100歳まで生きる人が極めて稀な時代なら
人生100年バンザイに賛成するんですけど
100歳以上の人口が急激に増え

2020年に10万人を超え、2030年には30万人に

「100年生きるのは幸せなのか?長寿はめでたいが家族はこんなに大変 「口に出せない」ニッポンの悩み」の記事の中に書いてありました。ハァ。

2007年に生まれた日本人は、107歳まで生きる確率が50%ある

「 LIFE SHIFT(ライフ・シフト)―100年時代の人生戦略 」の中に書いてあるそうです、ゾッとしました。

痴呆老人が激増して

認知症を患う人の数が2025年には700万人を超えるとの推計値を発表した。65歳以上の高齢者のうち、5人に1人が認知症



介護人口激増が不可避となり。
介護費用が膨大となり。
(当たり前だけど、医療費も年金費用も増えますよ)
となると、そうも言ってられないんですよね。

私たちの世代は
結婚して、子供がいれば
子供の教育費に苦しみます。
中高私立と塾通いで3000万!?「教育費貧乏」に転落する親たち
プレジデント 1/26(木) 15:15配信
私も、子供たちの教育費用には苦しみました。

次に
親の介護に苦しみ
親の介護にいったいいくらかかるか、ご存知ですか? 保険だけでは到底カバーできない
現代ビジネス 1/26(木) 14:01配信
親の介護が親の資産全額で済めば、「良かったよかった」と言わなければなりません。

最後に、自分の老後に苦しむ

なんだか人生3重苦ですね。


はっきり言って
親を自宅介護するのは無謀だと思います。
親を愛してるとか、親に恩を感じてると言うことだけでは困難です。

だって、結婚していたら親は4人いるんですよ。
その4人を自宅介護なんて、無理です。

私は二人親を見送りましたけど
二人とも施設で見送りました。
それが正解だったと思っています。
もちろん、二人とも認知症になって
一人は認知症から寝たきりになって数年
一人は最後の1カ月ぐらいが寝たきりでそれまでは、外に出たがりました。

まだ親は二人いますけど
その二人も、自活できなくなったら
施設に入ってもらいます。
自宅介護の選択肢は考えていません。

親不孝だと言う意見もあるかもしれませんが
そう思われる方はご自身で自宅介護していただければよいと思います。
私には、できません。

親を憎まなければならないような状況に追い込まれる介護はイヤなんです。
毎日毎日、下の世話を何度も何度も、やるんです。
認知症が軽度で協力的なら良いけど、重度ならどんなことになるか。

点滴抜いちゃうから、手を固定しないといけない。
おしっこのチューブが入り、モニター付いてても
立ち上がってどこかに行こうとするから、
時には親をベッドに縛り付けなければならない
何度話しても1分後には忘れている。

なまじ、子供(私)の顔を覚えていて、親としての意識があり
誇りもあるから、

もう、堪りません。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ
にほんブログ村


関連記事
スポンサーサイト

コメント

No title

私は田舎なので教育費苦しくなかったです。
保育園は収入に準じて階級があります。
0円~5万円くらいで、1が0円で8階級までありました。うちは普通よりちょっと上で保育所(園ではない)にはお金は掛かりました。
小学校は、集金が6,500円で給食込みでした。
教材費もあまり取られませんでした。
いつも安く有難いなと思っていました。なんせ給食は地元の美味しい食材がたっぷりで豪華でした。
中学は、13,000円で給食込みでした。
部活は運動部で最初ラケット代が掛かるくらいで、ユニホームは途中1回のみ8千程でした。部費も月千円程だったように思います。
高校は理数科だったので3万掛かりました。研究費、宿泊代、教材費などです。部費は文化部で月500円と交通費でした。
大学は、家から電車や車で通える国立に行ってくれて助かりました。

東京は、幼稚園や保育園で待機児童の子が多いですね。
私の県では待機児童はゼロです。
そしてやっと預けられると思っても10万程掛かるんですよね。
これは高額過ぎといつも思います。

前にこのことを書きました。

Re: No title

ねーぶるさん、コメントありがとうございます

> 私は田舎なので教育費苦しくなかったです。
> 保育園は収入に準じて階級があります。
> 0円~5万円くらいで、1が0円で8階級までありました。うちは普通よりちょっと上で保育所(園ではない)にはお金は掛かりました。
> 小学校は、集金が6,500円で給食込みでした。
> 教材費もあまり取られませんでした。
> いつも安く有難いなと思っていました。なんせ給食は地元の美味しい食材がたっぷりで豪華でした。
> 中学は、13,000円で給食込みでした。
> 部活は運動部で最初ラケット代が掛かるくらいで、ユニホームは途中1回のみ8千程でした。部費も月千円程だったように思います。
> 高校は理数科だったので3万掛かりました。研究費、宿泊代、教材費などです。部費は文化部で月500円と交通費でした。
> 大学は、家から電車や車で通える国立に行ってくれて助かりました。
>
> 東京は、幼稚園や保育園で待機児童の子が多いですね。
> 私の県では待機児童はゼロです。
> そしてやっと預けられると思っても10万程掛かるんですよね。
> これは高額過ぎといつも思います。
>
> 前にこのことを書きました。


前回、このコメント読めなくて、助かります。

素晴らしいお子さんです。
親孝行ですね^^

みんなが、ねーぶるさんのように、計画的に家計を考え子育てすれば、
いま問題となっている社会保障に関連する費用の問題は、
大きく変化すると思うんですよね。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

いろいろでセカンドライフ

Author:いろいろでセカンドライフ
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

アクセスランキング