記事一覧

リターンは良いけど、リスクは教えなくて良いの?

資産運用は若い時からやれば有利だよ
という話が多いじゃないですか。

良くあるのは、
5%で運用できると
毎月1万円の積み立てで
10年で155万円
20年で411万円
30年で832万円
40年で1526万円

なんて感じで計算するわけですよね。
これ見ると、確かに複利で増えて、ドンドン資産が大きくなってくるの実感できるんですよね。

だから、複利の効果を充分に実感するためには、少しでも早く資産運用を開始ましょう。
なんて感じで、伝えるわけですよね。

だけど、今の時代5%で運用できるものって、限られると思うんですよね。
銀行預金じゃ絶対無理だし、国内債券でも不可能。
海外債券でも、困難でしょう。
そうなると
国内・海外株式とかREITあたりになると思うんです。

その時、必ず大きく出てくるのがリスクですよね。
国内・海外株式とかREIT
どれもが、20%を超えるリスクがあります。

このリスク、しっかり教えておいた方が良いと思うんですよね。

良く、長期の運用だったら、リスクは軽減される、見たいなこと言われるけど
決してそんなこと無いですよね。
リスクの程度によりますよね。

リターンが5%で、もしリスクが30%とかだったら、時間経過とともに
資産運用額が元本割れする確率が高くなってしまいますよ。下手したら運用資金ゼロ円なんてこともあり得る。
リスクを20%程度に抑えることができて初めて、元本当たりが分布の中心になり。
リスクを10%程度に減らせれば、元本を超えて増やせる確率が高くなる。

つまり、リスク20%の商品で全額運用というのは
一種の博打みたいなものじゃないかと思うんです(株への投資行動そのものが博打であるという意見もありますけど)。

そこで
こんな記事です
20代で投資デビュー 鉄板プランの考え方
日経ウーマンオンライン(日経ウーマン) 1/20(金) 15:00配信
鉄板プランですよ。
鉄板!

その中で用いられる資産運用成績が5%なんですよね。
それは今の世の中じゃ高すぎるだろう、と思うんですよ。

せめてリターン3%リスク10%ぐらいに抑えておかないと不味いんじゃないかと思うんです(これなら、今のGPIFのポートフォリオに近いかな)。
そうすれば、積み立てている20歳の方が60歳になったときに
「こんなはずじゃなかった。」
と嘆く確率が少なくて済みそうなんです。

ホント、リターンを言うなら、必ずリスクを合わせて伝えておかないと
片手落ちだと思うんですよね。

私が心配性なのかなぁ。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

いろいろでセカンドライフ

Author:いろいろでセカンドライフ
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック

カレンダー

02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

アクセスランキング