記事一覧

webライターってどんな人、ブロガーと違うの?

「webライター」という言葉を良く目にするようになりました。
これってどんな人なんでしょう。

そう言えば私も「webライター」なのかと思って調べたら
どうやら私は「ブロガー」であって「webライター」では無いようです。

なぜなら
「webライター」とは「執筆依頼を受けて、インターネットメディアに文章を投稿し、対価を受け取っている人」
のことのようです。

おお、そうなると私は確かに「webライター」ではありません。
単なる「ブロガー」ですね。
何しろ、ブロガー歴7年近くになるけど
いまだに一円も対価を受け取っていませんから。

現時点では、将来も対価を受け取る予定が無いので
「生涯無料の一ブロガー」というわけですね。
あれ、なんかかっこよくないかな。
そんなことないか。

まぁ、それはさておき
私個人は、更新頻度とかブログの情報の質、SEOを念頭にしたキーワードと言ったことは全く気にしないで
気ままに、日々書きつづっているわけですけど、

そんな私と違って
webライター
という方々は結構大変なようです。
何が大変って、その日常と将来です。

現時点で
webライターの方々は一文字1円とか2円なんだそうです。
それなら一日2万文字書けば、1日1~2万円の収入になるな。
なんて思うと、そうはいかないようです。
何しろ、SEOに沿って、それなりの努力と才能を使って、書きあげて行かなければならないからだそうです。

私には、才能は全くない(これは6年以上ブログ書いててはっきり分かる)
才能が無いなら、
後はSEOに沿うような努力しないといけないんですけど。
そのような努力が嫌いときている。
これでは、ダメです。
webライター失格ですね。

さらに大変なのは
SNSなどのフォロワーの数が重要なんだそうです
私のように、Twitterのフォロワーの数が手足の指の数とか
Lineは片手の指の数、フェイスブックは両手の指の数
ではダメなんです。

文章に、
構成力・継続力・わかりやすさ・面白さ・旬と話題を捉える力・当然ながらの文章力
こういったことが相まって、
人気となり、拡散力となるわけです。

ありゃりゃ、私にはすべてが足りないですね。

さらに追い打ち書けるように
今ではAIが驚異の姿を現し始めて、
webライターを脅かしそうな感じです。

でも、AIの脅威って
所謂webライターよりも、給与水準が高くて、企業という安定した存在の上にいる
既存のライターにとっての方が脅威なんじゃないの?

まぁ、それについてはまた後日書くかもしれません。

う~~ん、私もせっかく毎日ブログ書いてるんだから、かっこよく
「実は私、webライターなんですよ、青色申告もしてます。」
なんてこと言ってみたいけど、
「それじゃ何のために、セミリタイヤしたんだか、わからないよなぁ。」
なんて贅沢な悩みを言ってみます。
ゴメンナサイ。

認知症対策に
少し、「SEO」についても学んでおこうかな。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

いろいろでセカンドライフ

Author:いろいろでセカンドライフ
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

アクセスランキング